ホームニュースCake DeFi、ユーザーへの還元を最大化する「Borrow」サービスを開始

Cake DeFi、ユーザーへの還元を最大化する「Borrow」サービスを開始

Cake DeFiの最新製品は、ユーザーが分散型金融(DeFi)領域でリターンを最大化することを容易にするものである。

DeFiサービスとアプリケーションを誰もが利用できるようにするシンガポールベースのフィンテックプラットフォームであるCake DeFiは、本日早くにBorrow製品の発売を発表しました。

Coinjournalと共有されたプレスリリースによると、BorrowはCake DeFiユーザーに彼らの暗号ポートフォリオを強化し、潜在的に彼らのリターンを高める機会を与えるでしょう。

Cake DeFiは、Borrowによって、ユーザーがBitcoin(BTC)、Ether(ETH)、Tether(USDT)、USD Coin(USDC)、DFIを担保としてDecentralized USD(DUSD)を借りることができると述べました。

トレーダーや投資家は、担保の50%以上がDFIであれば、これらの暗号通貨を組み合わせて担保として使用することができます。

Cake DeFiの共同創業者兼CEOであるJulian Hosp氏は、次のように述べています。

「私たちは、資産を保持しながらDeFiサービスに投資するためのより多くの流動性をユーザーに提供するためにBorrowを立ち上げることに興奮しています。 DeFiは、人々が絶えず取引する必要なしに、暗号通貨で受動的な収入を生み出すことを可能にします。 Cake DeFiの目標は、このような革新的なサービスをユーザーに提供し続けることです。」

チームは、借りたDUSDはアイテムの購入や、Cake DeFiのLending、Staking、Liquidity Miningなどの受動的収入を生み出す製品に投資するために使用することができると付け加えました。

Cake DeFiによると、Borrowはユーザーに単にトークンをHODLするよりも良い選択肢を提示する。彼らがネットワークに提供する流動性は、彼らが受け取る受動的な収入で報われます。

Cake DeFiは、ユーザーにDeFiサービスへのアクセスを提供することに焦点を当てた、規制されたフィンテック・プラットフォームであると自負しています。同プラットフォームは昨年、大きな成長を記録し、1年の間に2億3000万ドル以上が報酬としてユーザーに支払われました。

同社は、年末までに運用資産100億ドルを目指し、顧客基盤の拡大に注力しているとのことです。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。