Memeinatorトークン・セールが大盛況、暗号通貨時価総額が16億1000万ドルに到達

Memeinator コイン
100倍の利益が期待できるプレセール?
Memeinator コイン
100倍の利益が期待できるプレセール?

Memeinatorトークン・セールが大盛況、暗号通貨時価総額が16億1000万ドルに到達

By Crispus Nyaga - 分読み (ショート)
  • 仮想通貨の時価総額は1兆6100億ドルに跳ね上がった。

  • CoinMarketCapのデータによると、評価額は1兆5900億ドルに達している。

  • Memeinatorは過去数カ月で170万ドル以上を調達した。

暗号通貨はビットコインや他のアルトコインが急騰し、今年最もパフォーマンスの良い資産となった。ビットコインは、15,000ドルまで暴落してから数ヵ月後、徐々に心理的水準である45,000ドルに近づいている。一方、イーサリアムは2,300ドルを悠々と超えており、ORDI、Aurora、TokenFiなどのコインが急騰している。

暗号通貨の時価総額が急上昇

暗号価格の高騰により、時価総額が大きく増加している。CoinGeckoがまとめたデータによると、時価総額は1兆6700億ドル以上に急増している。CoinMarketCapは異なる数字で、1兆5900億ドルとしている。

ビットコインは8580億ドル以上なので、この時価総額の急上昇をリードしている。ビットコインが企業であれば、アップル、マイクロソフト、サウジアラムコ、アルファベット、アマゾン、エヌビディアに次ぐ世界第6位の大企業となる。ビットコインは全デジタル通貨の53%以上を支配している。

イーサリアムは時価総額2720億ドル超の第2位の暗号通貨だ。時価総額全体を牽引している他の大きなコインは、テザー、BNB、XRP、ソラナである。

暗号の時価総額が急上昇した理由はいくつかある。まず、証券取引委員会(SEC)がビットコインETFを承認するとの期待が高まっているためだ。これが承認されれば、イーサリアム、リップル、ソラナなどの暗号通貨のETFを申請する企業が現れるという楽観論が高まっている。

第二に、金融政策のスタンスから、投資家は連邦準備制度理事会(FRB)が金利を引き下げる機会があると考えている。もしそうなれば、最初の急騰は低金利環境で起きたため、ビットコインはあらゆる市場環境で生き残ることができるという見方だ。あるアナリストはブルームバーグに対し、次のように述べた:

我々が見ているのは、暗号サイクルが強気局面に入ったこと、マクロ経済環境がリスク資産に有利に転じたこと、そしてビットコインとイーサリアムのETFが登場することで、ますますポジティブなニュースが増えたことの組み合わせだ。

Memeinatorの繁栄

暗号通貨の急増は、未上場トークンへの需要にもつながっている。次なる大物になることを目指す新しいミームコインのMemeinatorは、投資家から170万ドル以上を獲得した。彼らは、このトークンがMemecoin(MEME)、Dogelon Mars、Pepe、Bonkといった他のミームコインのように成功することを望んでいる。

これらのミームコインのほとんどは今年急騰し、その過程で多くの億万長者を生み出した。Bonkは世界で128番目に大きな暗号通貨で、時価総額は4億2200万ドルを超えている。Pepeの評価額は6億7200万ドルを超えており、これは巨大な数字だ。

Memeinatorは、業界で最もホットなテーマであるミームコインの機能と人工知能の両方を取り入れることで、価値を創造したいと考えている。そのため、今後数週間の上場後にトークンが急騰する可能性がある。MMTRトークンの購入はこちら

それでも、他の資産と同様、Memeinatorへの投資にはリスクが伴う。最大のリスクは、上場直後に価格が大暴落した場合だ。そうなれば、損失が出る可能性がある。したがって、解決策としては、損失が許容できる資金のみを割り当てるなど、適切なリスク管理戦略に取り組むことである。