ホームニュースEthereum Mergeは第2四半期以降に遅れる可能性がある、とETHの開発者が述べる

Ethereum Mergeは第2四半期以降に遅れる可能性がある、とETHの開発者が述べる

Ethereum Foundation開発者のTim Beiko氏は、Ethereumの待望のプルーフオブステーク機構への最終的な切り替えがさらに遅れる可能性を示唆しました。

Ethereum Mergeは6月の「数ヶ月後」に行われるようで、Ethereum 2.0のアップグレードを2022年第2四半期以降に押し進めるまた別の遅延となるようです。

イーサリアムのマイナーは現時点で新しいマイニング機器に投資すべきではないと考えているBeiko氏は、水曜日の早朝にこの遅延をほのめかしました。

6月ではなく、おそらく数カ月後でしょう。まだ確定的な日付はないですが、我々は間違いなくイーサリアムのPoWの最終章にいます。」と指摘しました。

Ethereum Mergeとは何か?

2020年12月1日、イーサリアムのビーコンチェーンが稼働し、イーサリアムネットワークにプルーフオブステークコンセンサスメカニズムが導入されました。これは、エネルギー集約型のPoWマイニングからの移行へのETHエコシステムの推進における新たなマイルストーンを示しました。

ただし、ビーコンチェーンはEthereum Mainnetと並行して実行され、EthereumMainnetは引き続きマイニングを使用してネットワークを保護します。

Mergeは、メインネットとビーコンチェーンが1つになり、ネットワークを保護する方法として、マイニングが完全に削除されてステーキングされるように設定されています。 「Merge」は、スケーラビリティ、セキュリティ、および持続可能性の追求における重要なマイルストーンであるシャードチェーンの前身としても注目されています。

これは、社会にとってさらに多くの価値を確保するためにイーサリアムにとって重要です。ブロックチェーンネットワークは現在、他のアプリケーションの中でも最も分散型のファイナンス(DeFi)プロジェクトと非代替トークン(NFT)を固定しています。

同誌のアップグレードページによると、合併は第2四半期に予定されていました。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。