ホームニュースFidelity Investmentsが欧州でフィジカルビットコインETPを販売開始

Fidelity Investmentsが欧州でフィジカルビットコインETPを販売開始

Fidelity Investmentsは、ヨーロッパの投資家の間でデジタル資産に対する需要が高まっていることから、フィジカルビットコイン上場取引型金融商品(ETP)を発売しました。ファンドはフランクフルトのXetraに上場されており、数週間後にチューリッヒのSixで取引を開始する予定です。

FidelityのETPは、資産運用会社の間で暗号通貨への投資に対する関心が高まった後、InvescoがビットコインETPを開始してから3か月後になります。

ETPは、Fidelity Digital Assetsが2021年後半に英国金融行動監視機構からデジタル取引ビジネスと資産管理の公式登録を授与された後に発表されました。

以前、Fidelity Digital AssetsはFCAの登録簿に一時的なメンバーとしてリストされていましたが、現在はFCAの永続的な登録簿に移動されています。

2021年12月、Fidelity Investmentsはカナダを拠点とするフィジカルビットコインETFを立ち上げました。これには現在約3,000万ドルの資産があります。

FidelityのフィジカルビットコインETP

FidelityのフィジカルビットコインETPは、ヨーロッパの機関投資家および専門家の投資家が利用でき、ドイツに所在するものとします。ただし米国に拠点を置くFidelity Investmentsのデジタル資産部門であるFidelity Digital Assetsは、ETPの管理者となるものとします。

Fidelity InvestmentsのNick King氏は、ETPの立ち上げは同社のETP提供における重要なステップであり、デジタル資産製品を提供する最初のステップであると述べました。

ETPは約600万ドル相当の資産で開始され、0.75%の継続的な料金が発生します。

Fidelity Christian Staubのヨーロッパのマネージングディレクターは次のように述べています。

「基盤となる分散型台帳テクノロジーは、時間の経過とともに金融システムに革命をもたらし、投資家に深刻な影響を与える金融世界の多くの部分を混乱させる可能性があります。」

Fidelity Digital Assets社が最近実施した調査によると、機関投資家の70%が近々デジタル資産に投資することを期待していることがわかりました。また、調査に参加した人の90%以上が、今後5年以内にアロケーションを行うべきデジタル資産を望んでいると回答しています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。