Grayscaleがイーサリアム信託をスポットETH ETFに転換:アルトコインへの機関投資家の関心を高めるか

Memeinator コイン
100倍の利益が期待できるプレセール?
Memeinator コイン
100倍の利益が期待できるプレセール?

Grayscaleがイーサリアム信託をスポットETH ETFに転換:アルトコインへの機関投資家の関心を高めるか

By Hassan Maishera - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • Grayscaleは、イーサリアムトラストをスポットETH上場投資信託(ETF)に転換することを申請しました。

  • Shiba Memuのプレセールは正式に 50 万ドルを突破しました。

暗号通貨市場はここ数時間アンダーパフォームしていますが、いくつかの暗号プロジェクトに対する投資家の関心は衰えていません。Shiba Memuのプレセールは現在、公式に350万ドルの大台を超え、チームはこのラウンドの目標達成に近づいています。

Grayscaleがまた大胆な一歩を踏み出す

数時間前、Grayscale InvestmentsはNYSE Arcaと提携し、Grayscale Ethereum Trust (ETHE)をイーサリアムETFに転換するために米国証券取引委員会(SEC)に承認を申請したと発表しました。

現在、同社のEthereum Trustは世界最大のイーサ投資商品であり、運用資産は50億ドル近くに達しています。GrayscaleはBitcoin Trust商品で同様の動きを行い、現在はSECの承認を待ってBitcoin ETFのスポットに転換しています。

Shiba Memuとは?

hiba Memuは、現在の市場環境にもかかわらず関心を集め続けているミームトークンプロジェクトです。この2週間で50万ドル以上を追加し、プレセールは350万ドルの大台を超えました。

このミームトークンプロジェクトは、AIとブロックチェーン技術の力を活用し、完全に自給自足のマーケティング大国を作るためのプラットフォームを開発するものです。

チームは、Shiba Memuが多数のマーケティングエージェンシーの仕事を処理すると説明しています。プラットフォーム上のAIは、芝Memuが24時間365日働き、企業や個人が製品やサービスを販売するのに役立つエキサイティングなコンテンツを生成することを意味します。

Shiba Memuは最近のミームコインの人気に乗ろうと、ミームプロジェクトとして立ち上げられました。過去3年間で、ミームコインの時価総額は実質0ドルから成長し、2022年には200億ドルの大台に達します。

しかし、Shiba Memuは現実世界でのユースケースを持つという意味で、他のミームコインとは一線を画しています。Shiba Memuには実用性があり、企業や個人の現実世界の問題を解決するのです。

チームのホワイトペーパーによると、Shiba MemuはAIを活用した自給自足のマーケティング機能を備えています。このプラットフォームは、独自のマーケティング戦略を策定し、独自のPRを書き、関連するフォーラムやソーシャルネットワークで宣伝します。

手始めに、Shiba MemuはイーサリアムとBNBチェーンという2つの主要なブロックチェーン上で運営されています。

芝メムのプレセールは350万ドルを突破

Shiba Memuのプレセールは、投資家がこのプロジェクトに関心を示し続けているため、350万ドルの大台を正式に超えました。このプロジェクトは2週間で50万ドル以上を集めており、投資家の間で強い価値提案がなされていることを示しています。

チームは、様々なプレセールラウンドで調達した資金は、Shiba Memu製品の開発に充てられると常に主張しています。Shiba MemuのAI技術は、プラットフォームの主要製品であるため、プレセールイベントで得られた資金の主な受取人となるでしょう。

Shiba Memuのプレセールイベントの詳細はこちらをご覧ください。

プレセールが終了する前にShiba Memuに投資すべき?

ここ数週間、暗号市場は値動きが激しいですが、Shiba Memuの関心が低下しているわけではありません。このプロジェクトのプレセールは、その価値提案のおかげで投資家の関心を集め続けているのです。

投資家は2024年のビットコイン半減に備え、エキサイティングなプロジェクトに注目しています。Shiba Memuは、次の強気サイクルから恩恵を受けるプロジェクトの1つになる可能性があるでしょう。

市場アナリストは現在、ビットコインや他の暗号通貨が今後数ヶ月の間に上昇すると予想しています。SHMUは、投資家とユーザーに対する価値提案のおかげで、大きな勝者になる可能性があるのです。プロジェクトが始動し、トークンが暗号取引所に上場されれば、基調はさらに上昇するでしょう。