ホームニュースハイライト5月2日:クリプトはまちまち、Cronosは15%下落

ハイライト5月2日:クリプトはまちまち、Cronosは15%下落

暗号市場は全体的にまちまちで、本稿執筆時点では、上位100位のコインのほとんどが1~5%の価値を追加または損失しています。

トップクリプト

トップ10の暗号の大部分は利益を記録しました。ビットコインは執筆時点で約2%上昇しており、38,000ドルを超えて取引されています。イーサリアムは約3%上昇し、CardanoとXRPはそれぞれ約2%と5%の上昇を記録しました。

Crypto.comのCronosは#20に落ち、今日は約15%を失っています。年間のほとんどの間、CROトークンは比較的低いレベルで取引されています。価格は今年の最低水準に近づいています。

The dynamic exchangeは多くのスポーツイベントを後援し、マット・デイモン氏を推薦しましたが、これはCROの価格に反映されていません。

トップムーバー

トップ20以外では、ネットワーク上のアカウントの総数が9,000万を超えたと報告した後、Tronは6%増加しました。

Fantomはアジア時間帯に15%近く急増しました。これを書いている時点では、6%の増加でまだ成長しています。 Fantomは今週Chainlinkを統合し、本日一連のエキサイティングな景品を発表しました。

敗者に関しては、今日の主なものはすべて先週大きな利益を記録したコインです。これには、Kyber Networkの-9%のKNCと-11%のApeCoinが含まれます。

トレンド

今日の最大の勝者は、新しいメタバースであるMetaxionユニバースで購入できるトークンであるMeta Payです。 Meta Payを使用すると、メタバースで購入した小包やアバターを販売したり、これらをMeta Payトークンに変換したりできます。

MetaxionデモがWebサイトでリリースされました。 MetaPayは、執筆時点で1,069%増加し、別の回復を遂げています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。