ホームニュースマイクロキャップを狙う:時価総額5,000万円以下のコインTOP3

マイクロキャップを狙う:時価総額5,000万円以下のコインTOP3


暗号から資本を増やすための最良の戦略の1つは、非常に多くの可能性を秘めた低資本のコインを見つけることでしょう。時価総額5000万ドル以下のコインは特に、かなり優れており、その理由は以下の通りです。

  • マイクロキャップコインは拡張する余地が非常に多い傾向があります。

  • 有望なマイクロキャップの需要は投資家の間で常に高いでしょう。

  • 小型プロジェクトは新しい傾向があり、多くの場合、レーダーの下にあります。

そこで、今日、時価総額の小さい次の大きなプロジェクトをお探しの方に、ご検討いただきたいコインを以下に3つ挙げています。

Numbers Protocol(NUM)

近年、すべてがブロックチェーンに向かっているようです。しかし、アーティストとクリエイターが安全に作品を共有できる分散型の写真ネットワークを作成するプロジェクトはほとんどありません。

データソース:Tradingview

Numbers Protocol(NUM)は、必要なインフラストラクチャを提供することにより、この問題に対処しようとしています。 NFTの人気が高まるにつれ、NUMは大幅な利益を得る可能性があり、時価総額はわずか3,800万ドルのままです。

Gods Unchained(GOD)

GameFiは、ブロックチェーン業界の注目に値する分野の1つでもあります。多くのゲームがあり、そのうちのいくつかは莫大なお金を稼ぐために続いています。 Gods Unchained(GOD)には、そのような可能性があるようです。これは、ユーザーがその過程で暗号報酬を獲得できる無料のカードゲームです。プロジェクトの時価総額は3500万ドルです。

Cream Finance(CREAM)

Cream Finance(CREAM)は、世界中の人々に暗号通貨を利用したローンを提供するために設計された融資プロトコルです。もちろん多くの融資プロトコルがありますが、CREAMはユーザーにより良い条件と担保付き融資への容易なアクセスを提供しようとしています。わずか1400万ドルの時価総額で、このコインで多くの将来の可能性を解き放つことができます。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。