ホームニュースエルサルバドルから学んだスイスのルガーノ市

エルサルバドルから学んだスイスのルガーノ市


9月にエルサルバドルが法定通貨としてビットコインを採用した最初の国となったとき、暗号通貨界に興奮が走りました。これは暗号通貨全体にとって大きな一歩であり、未来を予見させる目まぐるしい出来事でした。やがて愛好家たちは、他の国も追随するのではないかと推測し始めたのです。

通貨安は市場環境の変化や高インフレの影響を受けやすいため、低所得者層の国であるとの見方が大半を占めていました。パナマは、昨年のエルサルバドルの動きに続き、Bitcoinを法定通貨とする法案を迅速に発表したため、おそらく有力視されていました。パラグアイも、クリスマス前にBitcoinの採掘と取引を規制する法案を発表し、しばしば候補に挙がっていましたが、ホンジュラスとグアテマラの噂もインターネット掲示板で流れており、すべての有力候補はラテンアメリカのようです。

しかし、誰もそれを正しく理解していませんでした。なぜなら、昨日発表された優勝者は…スイス南部のルガーノという名の小さな都市だったからです。

ルガーノは人口6万2千人、スイスで9番目に大きな都市である。ルガーノ湖に面しており、Windowsのスクリーンセーバーで見るのと同じような美しい風景が広がっています。

暗号の発表は何を意味するか?

ルガーノは、Bitcoinだけに全力を注いだエルサルバドルとは少し異なる行動をとりました。スイスのルガーノは、Bitcoinだけでなく、TetherとLVGA(CHF安定コイン)を「事実上の」法定通貨にすると発表したのです。

エルサルバドルのBitcoinへの賭けは、ルガーノのような小さな都市ではなく国であるという事実だけでなく、マクロスケールで見るとよりインパクトがあり、経済的な影響が大きいですが、これでルガーノが何も変わらないというわけでもありません。

市民は税金を暗号で支払うことができるようになり、駐車券や学費、公共サービスも支払うことができるようになりました。200の企業も商品やサービスの支払いに応じることが予想されるため、Bitcoinはスイスフランと対等の立場ではありませんが、市民の選択肢にステーブルコインが含まれたことは特に興味深いことだと思います。

エルサルバドルの決定に対して繰り返し批判されたのは、Bitcoinの悪名高いボラティリティが法定通貨として採用された場合に、有害な影響を与えるということでした。しかし、ステーブルコインでは、フィアットに固定されているため、価格の心配は明らかにありません。安定したコインで貯蓄をし、DeFiプロトコルで利回りを上げ、シームレスに駐車券を現金に換えるという選択肢を市民に提供します。それが今、可能になったのです。

批判

もちろん、この動きを無意味だ、売名行為だと批判する人はいるでしょう。しかし現実には、それのどこが悪いのでしょうか。ここでは、ヨーロッパの真ん中にある6万2千人の都市について話しているのであり、そうでなければ決して起こりえないことなのです。この都市が失うものは何でしょうか?ブロックチェーンスタートアップ、暗号ユニコーン、フリーランスの愛好家などがこの変化のターゲットとなりますが、たとえ観光客が少し増えるだけだとしても、それは勝利といえるでしょう。

上で述べたように、この法律の規模は非常に小さいので、エルサルバドルに関する懐疑論者が主張するような深刻な影響を引き起こすことはないでしょう。先月、エルサルバドルに対して「Bitcoinの法定通貨としての地位を取り除くことでBitcoin法の範囲を狭める」よう促したIMFは、すぐにルガーノ市長のオフィスをノックすることはないでしょう。金融の健全性、市民の保護、財政負債(エルサルバドルの政府資源のプールが小さいことを考えると)をめぐる懸念は、スイスでは関係ないといえます。

Tether

Tether はルガーノと提携しており、最高技術責任者のPaolo Lugano氏は昨日の Plan B イベントで、Bitcoin、Tether、LVGA トークンの採用を促進するために、ルガーノ当局と共同で 300 万スイスフランの資金を持っていると語りました。彼は、主な目標である、この都市をヨーロッパで賑やかなブロックチェーンのハブにすることに焦点を当てたイニシアチブを繰り返しました。

これは、暗号のエキサイティングな世界における楽しいエピソードであり、ルガーノがその美しい街に才能ある企業やトレーダーを惹きつけることができるかどうかを追跡するのは興味深いことです。

さて、次は誰が来るのでしょうか?

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。