ホームニュースメキシコの大富豪Salinas Pliego氏、流動的なポートフォリオの60%をビットコインが占めると発言

メキシコの大富豪Salinas Pliego氏、流動的なポートフォリオの60%をビットコインが占めると発言

  • Ricardo Salinas Pliego氏の流動的なポートフォリオの60%をビットコインが占めています。
  • メキシコの第3の富豪は、債券を「ひどい投資」と呼んでいます。
  • TV AztecaのCEOは、投資の40%を石油と金で行っていると述べています。

Forbesの最新の富豪リストでメキシコ第3位の富豪であるRicardo Salinas Pliego氏は、ビットコインが彼の流動的なポートフォリオの大部分を占めていることを明らかにしました。

Salinas氏は以前、投資家に対してポートフォリオの少なくとも一部をベンチマークとなる暗号通貨で持つよう促しており、木曜日にマイアミで開催されたBitcoin 2022カンファレンスで講演を行いました。

私は流動的なポートフォリオを持っています。私は60%をビットコインとビットコイン株式、そして40%を石油やガス、金鉱などのハードアセット株式で持っており、それが私の居場所です。」とGrupo Elektraの会長は指摘しました。

この発言によると、Salinas Pliego氏のビットコインと関連商品の保有総額は、過去2年間で大幅に増加したことになります。2020年、メキシコの億万長者は、ポートフォリオの約10%をBTCで持っていたということです。

その時と同様、彼の最新のコメントは、ビットコインは国債を保有するよりも良い投資先であることを示唆しています。

私は間違いなく国債を持っていない 。」と、カンファレンスのパネルで述べたのです。さらに彼は、国債を「ひどい投資」だと言い、「10フィートの棒でも手を出さないだろう。」と述べました。

中央銀行の金融引き締めと利上げの中で、債券が過去70年以上で最悪のリターンに向かう中、Salinas氏はビットコインはより良い資産を提示すると述べています。債券のパフォーマンスについて、彼はこう語っています。

まさに最悪だ。つまり、100ドルを取り戻せるのが一番いいんだ。それが一番いいことだ。

https://twitter.com/RicardoBSalinas/status/1512092868403421184

Salinas氏は、メキシコを代表する放送局「TVアステカ」のオーナーでもあり、彼の純資産は約129億円です。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。