ホームニュースNexo、MasterCardおよびDiPocketと提携し、暗号クレジットライン付きカードの発行を開始

Nexo、MasterCardおよびDiPocketと提携し、暗号クレジットライン付きカードの発行を開始

デジタル資産の主要な規制機関であるNexoは、本日、NexoCardと呼ばれる最初の暗号通貨で裏付けされたMasterCardカードを発売しました。 Nexoは、MastercardおよびDiPocketと提携してカードを発売しました。

このカードにより、Nexoユーザーは、世界中の9,200万の加盟店サイトで暗号通貨を利用した流動性にアクセスできるようになると期待されています。

カードの発売後、Nexoの共同創設者兼マネージングパートナーであるAntoni Trenchev氏は、次のように述べています。

「MastercardおよびDiPocketと提携してヨーロッパでNexoCardを発売することは、私たちにとって大きなマイルストーンであり、既存の金融ネットワークとデジタル資産の間の計り知れない相乗効果の最新の証拠です。このユニークな製品により、最初はヨーロッパで、次に世界中で何百万人もの人々が、暗号通貨の可能性をあきらめることなく即座に過ごすことができ、新しい資産クラスに前例のない日常のユーティリティを提供します。」

Nexoカード

Nexoカードは、ユーザーがデジタル資産を販売することなく使用できるため、他に類を見ないものです。

欧州では、DiPocketがカード発行会社となり、MasterCardが技術会社と決済ネットワークを担当する予定です。また、MasterCardは、このカードにいくつかの革新的な機能を提供する予定です。

DiPocketの共同設立者兼CEOであるFedele Di Maggio氏は、次のように述べています。

「DiPocketは、デジタル資産の投資家のニーズを満たすために設計された真に革新的なソリューションであるNexo Cardの発行元として選ばれたことを嬉しく思っています。このプロジェクトにおけるNexoとMastercardとのパートナーシップは、DiPocketの組み込み金融技術が、先見性のある企業が顧客に価値と利便性を提供することを可能にする際立った一例です。」

Nexoカードの機能には次のものがあります。

  • 仮想カードと物理カードの両方が利用可能ーユーザーは、物理カードまたはApple PayとGoogle Payの両方に直接統合された仮想カードの使用を選択することができます。
  • 手数料ゼローユーザーは、最低月額手数料、返済手数料、使用停止手数料を支払う必要がなく、また、月2万ユーロまでの取引であれば、FX手数料も無料となります。
  • 2%の暗号報酬ーユーザーは購入取引のたびに、NexoのネイティブトークンであるNEXOまたはビットコインで暗号キャッシュバックを即座に受け取ることができます。これにより、ユーザーはカードを使っている間にデジタル資産を増やすことができます。
  • 暗号を売るのではなく、担保として使うーこのカードは、金利のかからないNexoの暗号担保クレジットラインにリンクしているため、ユーザーは暗号資産を売ることなく使うことができるようになります。

Nexoカード開発の次の段階では、Nexoはデビットカードを追加し、世界中に提供を拡大することも計画しています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。