Notcoinに注目、Kangamoonがボーナスセールで盛り上げる

Bitcoin Dogs コイン
世界初のBITCOINのICO プレセールは3月15日に終了
Bitcoin Dogs コイン
世界初のBITCOINのICO プレセールは3月15日に終了

Notcoinに注目、Kangamoonがボーナスセールで盛り上げる

By Benson Toti - 分読み (ショート)
  • Notcon(NOT)トークンの価格が取引所デビュー後に急落。
  • Kangamoon(KANG)は、最初のCEX上場に先駆けてボーナスプレセールステージを提供している。

アナリストは、スポットビットコインETF市場が活気がないことは、ビットコイン価格が今後数週間から数ヶ月の間に限られた上昇を見る可能性があることを意味すると述べている。

これは新しく立ち上げられたNotcoinにとって何を意味するのか、そしてKangamoonはより良い投資機会を提供できるのだろうか?

Notcoin がエアドロップ後にダンプ

Notcoin (NOT)は、Web3に何百万人ものユーザーを取り込むことを目的とした、タップして稼ぐゲームプロジェクトのネイティブトークンである。

このプロジェクトはTelegramでデビューするやいなや大流行し、今週の取引デビューを前に大々的な宣伝が行われた。その多くは、トップクラスの暗号取引所であるBinance、OKX、Bybitなどからの上場発表によるものだった。

実際、Notcoinは取引所でのデビューと同時に10億ドルの完全希薄化評価額(FDV)で取引された。しかし、NOT価格はそれ以来67%急落し、現在は0.006753ドル前後で取引されている。

バイナンスがNOT/BTCペアのサポートをキャンセルしたことも下落圧力に拍車をかけた。

しかし、Notcoinは、悲惨な2024年の後、より広範なゲームエコシステムが新たな牽引力を取り戻せば、適切なバウンスを記録する可能性が高い。また、ビットコインのパフォーマンスも動意を強める可能性がある。

Kangamoonがミームにインスパイアされた暗号通貨のトップに浮上

ミームコインの分野では、Solana、BNB Chain、イーサリアムのミームトークンが大きな動きを見せている。

いくつかのミームコインは巨大な成長の可能性を示しているが、他の大半は誇大広告から勢いを得ているだけの弱い模倣品である。

KangaMoonが他のミームコインと一線を画すのは、ユーティリティの高さだ。

プロジェクトとして、KangaMoonはGameFiとPlay-to-Earn(P2E)を統合している。また、ソーシャルFiの要素もあり、ユーザーは交流し、共有し、つながることで、より多くの収入を得ることができる。

P2Eゲーム開始時のネイティブゲーム内通貨およびネットワークリワードトークンはKANGとなります。プレセールの参加者は、チャレンジやコンテストに参加することで、すぐにKANGを獲得することができる。

Kangamoonはより良い機会か?

Kangamoon(KANG)は、ミームコイン市場を席巻すると期待されているトークンの一つである。このプロジェクトのプレセールはこれまでに670万ドル以上を集めている。

KangaMoonのスマートコントラクトはSolid ProofとInterFiの両方から監査を受けており、この事実が暗号愛好家や投資家がこのプロジェクトに示す自信をさらに高めている。

Kangamoonはプレセールの段階を経て、ボーナスセールのラウンドでチャンスを逃した人々に再びチャンスを提供している。現在のKANG価格は0.025ドルだ。

限定ボーナス・ラウンドはすぐに売り切れるので、コミュニティに参加するには絶好の機会かもしれない。

Kangamoonの厳格な監査とチームの透明性は、KANGがBitMartでCEX上場デビューの準備をしているというニュースと同様に、プラス要因でもある。

他のミームコインと比較すると、KangaMoonのコミュニティ主導のP2Eゲームへの注力と実用性は際立っている。プロジェクトの総供給量が10億KANGであることも、市場の需要の中で爆発的に上昇する可能性があることを意味する。

しかし、投資家は他の市場力学や条件を考慮する必要がある。

Kangamoonの詳細については、こちらをチェック。