ホームニュースロシアは暗号通貨の道徳的ジレンマを制裁

ロシアは暗号通貨の道徳的ジレンマを制裁

多くの人と同じように、私も2020年に母国アイルランドで行われた約13回のロックダウンのうち1回は、マイケル・ジョーダンの優れたドキュメンタリー映画『ラストダンス』を観ました。今週、ロシアの動向と暗号通貨市場への影響を追って、特に思い出されたエピソードがあります。それは第6話で、ロールモデルとしてのジョーダンの地位を検証しています。

「もう一度やり直すチャンスがあるとしたら、ロールモデルと言われるようなことは絶対にしたくない。まるで、私に不利なゲームのようだ。勝てるわけがない。」とジョーダンは嘆きました。

もちろん、ジョーダンは90年代、世界的なスーパースターでした。ジョーダンの最新のスニーカーを手に入れようと、子供たちが行列を作り、ジョーダンのポスターは世界中の10代の寝室を飾っていたでしょう。背番号23のジャージに身を包んだ若者も少なくないはずです。

しかし、ジョーダンは、自分のプラットフォームを十分に活用しなかった、ロールモデルとしての責任を受け入れなかったという批判にさらされました。決して悪いお手本というわけではありません。ただ、「俺はただのアスリートだ、ボールをフープに入れるだけだ」という路線をとったということです。確かに、バスケットボールの後継者レブロン・ジェームズやF1ドライバーのルイス・ハミルトンなど、現在のスポーツ界のスターたちと比較すると、彼の活動性のなさは対照的です。

いろいろな意味で、私はジョーダンに同情しました。でも、それが彼のプレーなのです。好き嫌いは別にして、どんな仕事でも人が嫌がる部分はあるものです。

チャンポン・ジャオ

ジョーダンの重力に打ち勝つ技術を思い出したのは、ロシアに対する経済制裁の問題と、暗号通貨産業がそれにどう関わってくるかということです。BinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏がBloomberg TVのインタビューに応じ、マイケル・ジョーダンの言葉を引用しているように感じたのです。

「ユーザーアカウントの凍結は私たちが決めることではありません..政治家と普通の人を分けるべきです 。」と彼は言いました。「我々は、世界中の政府によって支持されている立場に従っているのです。繰り返しになりますが、私たちが制裁のルールを作っているわけではありません。」

しかし、CZ、Binance、そして暗号通貨全体は、経済制裁を平定するために立ち上がり、大衆に加わる責任はないのでしょうか?彼らはロシアに金融制裁を回避する手段を提供しているのでしょうか?Binanceはそれによって、戦争と無数の罪のない人々の死を防ぐために設計された措置であるものを、間接的に阻害しているのでしょうか?

それともBinanceは単なる取引所なのでしょうか?CZは単に金融会社のCEOに過ぎないのでしょうか?マイケル・ジョーダンは単なるバスケットボール選手なのでしょうか?

モラルのジレンマ

実のところ、私はこのことについてどう感じているのか分かりません。はっきり言って、私は暗号を心から愛しています。暗号は世界を良い方向に変えてくれると信じています。古臭く、非効率的で不公平な金融システムを破壊し、より民主的な社会と、より透明で信頼できる効率的な金融の枠組みを築くのに役立つと思うからです。

このような利点の多くは、分散化がもたらす特典に起因しています。中間業者を排除し、エリートに有利なルールを積み重ね、非効率や手数料を増やす可能性のある腐敗した機関から、ブロックチェーンとして世界に知られるようになった透明で検証可能な台帳という形で、数学に信頼を移すことができるのです。

しかし、この分散化によって、ロシアのような悪意のある団体が制裁を回避し、罪のない国に戦争を仕掛けることができるようになったとしたらどうでしょう?

自分自身を少し揶揄

私は暗号が大好きなのですが、この話を聞いて考えさせられました。私は過去に、暗号に対する愚かな議論、例えば「犯罪者のためのものだ」とか「麻薬の売人を助けるものだ」といったものを嘲笑したことがあります。確かに、しかし、それは大海の一滴です。米ドルがどんな犯罪にも使われないとでも思っているのですか?(2009年の調査では、米ドルの9割にコカインの痕跡があることが判明している)

しかし、ロシアの問題は私に考えるきっかけを与えてくれました。中央集権的なBinanceは、口座を凍結する機能を持っています。KYCに準拠した取引所であるため、例えば、ロシアのオリガルヒが数百万ドルの暗号を移動させているアカウントを凍結することができます。この凍結機能は、中央集権的であるため、暗号純粋主義者がBinanceが暗号の哲学に忠実でないと嘆くものです。

Kraken

BinanceのCEOであるZhao氏がマイケル・ジョーダンのカードを使う一方で、KrakenのCEOであるJesse Powell氏は、ウクライナの副大統領Mykhailo Fedorov氏のすべてのロシア口座凍結の要求を拒否し、さらに一歩踏み込みました。

「Bitcoinは個人主義や人権を強く支持するリバータリアンの価値観を体現している」とPowell氏は反論しました。

しかし、その個人がプーチンと共謀し、壊滅的な戦争に資金を提供するロシアの億万長者であったらどうでしょうか?

ウクライナのMykhailo Fedorov副大統領の暗号交換へのアピール

では、解決策は?

それは実に難しいです。実際、ビッグテック全体で似たような事例を見ています。Twitterがトランプ氏を追放したのは、おそらく最も顕著なケースでしょう。上記のPowell氏の言葉を借りれば、それは一個人が個人主義を行使したことにならないでしょうか?SpotifyとJoe Rogan氏とのゴタゴタもモラルのグレーゾーンですし、Facebookの偽情報に対する弱腰の取り組みもそうです。明らかにここでは、ウクライナでの戦争で利害関係が大きくなっていますが、自由、検閲、制限のテーマは似ています。

私は暗号が大好きで、暗号が私たちの住むこの世界に多くの良いことをもたらすと心の底から信じています。しかし、このような規模の悪意ある行動がその恩恵を受ける可能性があるのに、完全分散型の世界を主張すべきなのでしょうか?

最終的には、やはりメリットがデメリットを上回ると思います。ロシアが暗号通貨で実際に何ができるかは、今は少し誇張されていると思います。主権的な規模では、意味のある取引をすることは単に実現不可能だからです。ロシアが凍結している6300億ドルの対外資産(経済制裁に対抗し、ルーブルを支えることができる)は、Bitcoinのマーケットキャップの4分の3以上を占めるでしょう。ブロックチェーンが提供する追跡可能な透明性は言うまでもありません。暗号が世界に提供できる利点は、あまりにも大きいでしょう。

BinanceとKrakenの具体的な事例としては、Zhao氏とKrakenに賛成です。マイケル・ジョーダンがただのバスケットボール選手だったように、彼らはただフィンテック企業を経営しているだけです。いつから彼らはこのような大きな決断をしなければならなくなったのでしょうか?それは政府が行うことであり、両者とも、政治家が行動を起こすと決めたら、法律に従うと表明しています。(最近カナダで起こった抗議者の資産凍結のように)

何事にもメリットとデメリットがあります。特に暗号がやろうとしていること、つまり金融セクター全体を混乱させるような規模になると、そのメリットは大きくなります。現在の金融セクターは確かに完璧ではありません。暗号がそうだと言っているわけではありませんが、暗号は始まったばかりで、すぐにどこかに行ってしまうことはないでしょう。この10年でどれだけ進歩したかを見てください。

だから捻じ曲げてはいけません、暗号はまだ善人です。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。