Shiba Memuトークンは、暗号の売り惜しみにもかかわらず活況を呈している

Memeinator コイン
100倍の利益が期待できるプレセール?
Memeinator コイン
100倍の利益が期待できるプレセール?

Shiba Memuトークンは、暗号の売り惜しみにもかかわらず活況を呈している

By Crispus Nyaga - 分読み (ショート)
  • ビットコインをはじめとする仮想通貨は先週大幅に下落しました。

  • この下落は金融市場の恐怖感の中で起きました。

  • Shiba Memuトークンセールは、開発者が210万ドル以上を調達したことで勢いを増した。

ビットコインは29,000ドルから26,000ドル以下に急落し、暗号通貨価格は今年最悪のパフォーマンスとなりました。需要が減退し、市場に恐怖感が広がったため、ほとんどのコインやトークンは大赤字となったのです。このような後退にもかかわらず、Shiba Memuのトークン・セールは継続され、開発者は21億8000万ドル以上を調達しました。

なぜ仮想通貨は暴落したのか?

先週、ほとんどの暗号通貨が急落した理由はいくつかあります。まず、コインが下落したのはシェイクアウトの可能性があったためです。シェイクアウトとは、金融資産が急落し、その後強気トレンドが再開する状況を指しています。

直近のシェイクアウトは、ビットコインが25,000ドルから19,000ドルに下落し、その後強気のカムバックを再開して年初来高値の32,000ドルに達したときに起こりました。今回の下落が揺り戻しなのか、それとも新たな弱気の始まりなのかはまだ不明です。

第二に、ビットコインはテクニカルな理由で下落しました。ビットコインは32,000ドルでダブルトップのパターンを形成したのです。プライスアクション分析では、このパターンは通常弱気のサインです。したがって、これらのテクニカルから、コインは下落を続ける可能性があります。

第三に、株式市場や債券市場の売りに見られるように、市場に恐怖感が広がったためです。ほとんどの先進国の債券利回りは急上昇し、米国の10年物は2012年の高値に、30年物は2007年の高値に達しました。債券利回りは物価に反比例して動いています。

さらに、ここ数年で最も深刻な景気減速に陥っている中国経済の影響で、暗号通貨価格が下落しました。先週発表されたデータでは、小売、工業生産、固定資産投資など、経済のほとんどの部分が速いペースで減速しています。中国は依然として暗号産業において不可欠な存在であり、バイナンスの取引量の20%を占めています。

Shiba Memuは勢いを保つ

ミームコインと人工知能を組み合わせた暗号通貨、Shiba Memuが盛り上がっています。ウェブサイトに掲載されているデータによると、開発者は世界中の投資家から210万ドル以上を調達し、過去2ヶ月間で6,810万以上のトークンを調達しています。

Shiba Memuのトークン・セールの特徴は、トークンの価格が数日ごとに引き上げられることです。つまり、初日にトークンを購入した投資家は、何もしなくても価値が急上昇しているのです。

Shiba Memuが繁栄しているのは、開発者がターゲットにしている業界のためです。AIは今年最も急成長した産業となり、Nvidiaの時価総額を1兆ドル以上に押し上げる一因となりました。同様に、ミームコインも繁栄しており、Pepeのようなトークンで即座に億万長者になった人もいます。

ハイプの高まりにより、Shiba Memuの価格も、中央集権型取引所や分散型取引所で間もなくデビューする際に跳ね上がる可能性があります。Shiba Memuトークンはこちらで購入できます。