ホームニュースSoFi CEO、他の暗号資産の中でもビットコインとイーサリアムを保有

SoFi CEO、他の暗号資産の中でもビットコインとイーサリアムを保有

SoFi Technologiesは、スーパーボウルチャンピオンのロサンゼルスラムズのホームスタジアムの命名権を所有しています。

Anthony Noto氏は、彼の家族がビットコインとイーサリアムを所有していると述べましたが、ボラティリティが暗号資産クラスのより大きな採用を妨げ続けているとアドバイスしています。

SoFi TechnologiesIncのCEOであるAnthony Noto氏は、彼の家族がビットコイン、イーサリアム、その他のいくつかのデジタル資産を含む暗号通貨を保有していることを明らかにしました。

しかし、月曜日のインタビューでCNBCと話しているNoto氏は、家族の暗号通貨の保有は家族の総投資額のほんの一部にすぎないと指摘しました。

家族は暗号通貨に投資していると述べ、SoFiのCEOは付け加えました。

私たちはビットコインを所有し、イーサリアムを所有しています。よりあいまいで異なる暗号通貨のいくつかを所有していますが、それは私たちが所有するもののごく一部です。」

Noto氏は、ブロックチェーン技術に投資していない企業は間違いを犯している可能性があり、そのような企業は取り残されるリスクがあると彼は述べています。彼の見解では、企業は「テクノロジープラットフォームとしての」暗号の使用を含め、ビジネスにイノベーションを含める方法を検討する必要があります。

暗号への投資または基盤となるブロックチェーンテクノロジーの統合についての彼の前向きな発言にもかかわらず、 Noto氏は暗号をポートフォリオの大部分として持つべきでないと考える理由を指摘しています。

これは暗号市場は非常に不確実で不安定であると述べ、それがポートフォリオのごく一部を形成するだけであるべきであることを意味します。

他の発言では、Noto氏はスーパーボウルのチャンピオンであるRamsの本拠地となったスタジアムの命名権に対するSoFiの大きな賭けについて話しました。

SoFiが有名になるのを見たい、NFLの一員になりたいという思いが、今回の買収に動いた背景にあると指摘しました。

「すべて考えていた通り、そしてそれ以上の展開になった。」と述べています。

SoFi Technologiesはまた、必要なすべての規制ボックスにチェックマークを付けることで大きな進歩を遂げたと幹部は説明しています。これらには、米国連邦準備制度、通貨監督庁(OCC)、連邦預金保険公社(FDIC)が含まれ、すべて暗号関連サービスを提供する企業の動きの鍵となります。

同社はGoldenPacific Bancorp Inc.の買収を通じて銀行のチャーターを取得しており、他の30のデジタル資産の中でもビットコインへのアクセスを提供しています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。