ホームニュースOkcoinでのスタック購入は前年比43%増

Okcoinでのスタック購入は前年比43%増


プレスリリースによると、世界最大級で急成長中の暗号通貨プラットフォームであるOkcoinが、スタックの購入額が前年同期比43%増となったことが判りました。この資産は、ビットコインの貸し借りや予測市場などを可能にします。

ステーブルコインが取引量の3分の1以上を占める

プラットフォームは、ステーブルコインが今年の第1四半期の機関投資家の取引量の34%を占め、前年比210%増加したと付け加えました。

ビットコイン活動の多様化

機関投資家は、ビットコインの運用を多様化することに関心を示しています。

この傾向は、過去1年間の世界的なインフレ率の上昇を反映しており、従来の通貨の購買力低下に対するヘッジとして、主要な暗号と安定したコインの役割に注目が集まっています。

OkcoinのCOOであるJason Lau氏は次のようにコメントしています。

「Okcoinに見られる機関投資家の取引活動は、継続的なインフレスパイクに対するマクロ経済的な予想を反映しています。希少資産であるビットコインは常に魅力的なインフレヘッジとなっていますが、現在、大規模な保有者が分散型ビットコインの貸し借りやイールドファーミングなどに参入し、一歩進んだポジションをとっていることがわかります。安定コインはアップサイドの上昇をもたらさないですが、DeFi利回りの機会へのアクセスを可能にし、安定性と流動性の理想的な組み合わせであり、今日の投資家にとって特に魅力的なものです。」

Tether、UST、USDKに対する機関投資家の選好が上昇中

機関投資家は、今年1月に初めて取引所でビットコインよりも時価総額で最大のステーブルコインであるTether(USDT)を購入しました。同月、米国のインフレ率は7.5%に達し、過去約40年で最高となりました。

今年の第1四半期には、TerraUSD(UST)の購入が470%増加し、USDKの購入が365%増加しました。

DIKOとNYCへの主な投資

その他の主要な投資には、Arkadiko(DIKO)への投資が含まれます。ビットコインでローンを返済するためのスタックベースのネットワークで、昨年の最終四半期から今年の第1四半期にかけて購入額が480%増加しました。

同じくスタック上で動作するNYCCoin(NYC)の購入は、今年第1四半期に134%増加しました。ビットコインに賭けて利回りを稼ぐことができるこのアセットは、今年1月に上場しました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。