ホームニュース今月買うべきクロスチェーン相互運用性トークン

今月買うべきクロスチェーン相互運用性トークン

クロスチェーンの相互運用性について考えるとき、最初に頭に浮かぶのはPolkadot(DOT)です。これは、世界最大のクロスチェーンネットワークの1つです。しかし、DOT以外にも検討できるプロジェクトはたくさんあります。理由は次のとおりです。

  • DOTはその可能性のほとんどを達成しており、短期的に100倍を実現する可能性は低いです。

  • クロスチェーンを取り巻くイノベーションは急速に進んでいます。

  • クロスチェーンプロジェクトは、今後2、3年で市場を支配するでしょう。

したがって、購入を検討するクロスチェーン暗号資産がわからない場合は、以下の上位3つのリストを確認してください。

Cosmos(ATOM)

Cosmos(ATOM)が数ヶ月前に発売されたとき、それは「クロスチェーンの母」と呼ばれていました。実際、このプロジェクトの主な目標は、シームレスな操作とトランザクションの優れた速度を備えた相互接続されたブロックチェーンのネットワークを作成することです。


データソース:Tradingview

Cosmosはインターネットに完全に革命を起こし、これまでのところ暗号市場で多くの注目を集めています。現在、Cosmos(ATOM)の時価総額は約74億ドルです。コインも26ドルで売られています。

Ren(REN)

クロスチェーンスペースでミディアムキャップコインを探している投資家にとって、Ren(REN)はまともなオプションです。コインは、さまざまなブロックチェーン全体でクロスチェーンの流動性を提供するように設計されています。また、昨年5月に発売された、かなり新しく、注目を集めています。現在、RENの時価総額は約3億5000万ドルです。このプロジェクトからはまだたくさんのことがあります。

Synapse(SYN)

Synapse(SYN)は、レイヤー1とレイヤー2のソリューション間のブリッジのように機能するように設計されています。全体的な効率も維持しながら、これを実行します。このコインの時価総額は、現在約4億5000万ドルです。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。