ホームニュースSamsungの新型スマートフォン「Galaxy S22 Ultra」、進化したデジタルウォレットを搭載へ

Samsungの新型スマートフォン「Galaxy S22 Ultra」、進化したデジタルウォレットを搭載へ

Samsungは、今年2月25日に新型スマートフォン「Galaxy S22 Ultra」を発売し、スマートフォンにデジタルウォレットを搭載することを発表しました。

Samsungが発行したプレスリリースによると、新しいスマートフォンのデジタルウォレットにより、ユーザーは学生証、パスポート、国民ID、デジタル車や家の鍵などの身分証明書を保存できるようになります。

また、デジタルウォレットを使用すると、ユーザーが搭乗券を保存してアクセスし、デジタルチケットにアクセスしたり飛行機で旅行したりできるようになるという報告もありました。つまり、ユーザーはスマートフォンを使用してデジタルイベントチケットを保存できます。資産ウォレットは、フライト前にIDや旅行書類を表示するなどのユーザーのルーチンを簡素化するための「資産管理」も提供するものとします。

他のレポートは、Samsungデジタルウォレットも暗号通貨を保存できることを示しています。

Samsungのデジタルウォレットは、現在暗号通貨やワクチン接種書類の保管をサポートしていないアップルウォレットの対抗策と見なされています。

現在のSamsungウォレット

現在、Samsung Galaxyユーザーは、一部のドキュメントとデジタルキーを保存でき、SamsungPayアプリを介して支払いを行うこともできます。

ただし、Samsungは新しいSamsungウォレットがSamsung Payに取って代わるのか、それとも連動するのかを確認していません。また、新しいデジタルウォレットが以前のSamsungGalaxyモデルと互換性があるかどうかも明確ではありません。

Samsungは、Knox Vaultと呼ばれるテクノロジーを使用して、現在のデジタルウォレットに暗号を保存できるようにしています。また電話のメインオペレーティングシステムから機密データを分離する安全なプロセッサを使用しています。つまりパスワード、ブロックチェーンキー、および生体認証は常に安全です。

ただし新しいSamsung Galaxyは、オペレーティングシステムや電話のメモリを標的としたサイバー攻撃を防ぐのに役立つARMマイクロアーキテクチャの中に新しいセキュリティ機能を導入しています。

最近の開発は、ブロックチェーン技術へのサムスンの関心にさらに光を当て続けています。 1月にSamsungはDecentralandブロックチェーンに仮想旗艦店を発表しました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。