次の暗号の強気相場が到来: Shiba Memuに賭ける時?

Memeinator コイン
100倍の利益が期待できるプレセール?
Memeinator コイン
100倍の利益が期待できるプレセール?

次の暗号の強気相場が到来: Shiba Memuに賭ける時?

By Crispus Nyaga - 分読み (ショート)
  • 今年、仮想通貨は株や商品をアウトパフォームした。

  • ビットコインやイーサリアムを含むほとんどのコインは100%以上急騰している。

  • Shiba Memuのトークン・セールは、需要の高まりとともに加速している。

暗号通貨は今年最もパフォーマンスの良い資産となった。ビットコイン価格は今年120%以上跳ね上がったが、ハイテク大国のナスダック100指数は48%、金は10%急騰した。THORChain (RUNE)、Injective (INJ)、Solanaのような他の小さなコインは、より速いペースで上昇している。

暗号通貨の強気相場が起きている理由

暗号のブルランが起きている主な理由は3つある。第一に、ビットコインが急騰しているのは、伝統的な金融の企業が暗号産業に移行する際に起こるTradFiと呼ばれる継続的なトレンドのためである。

これらの企業の中で最も注目すべきは、Blackrock(世界最大の資産運用会社)、Invesco、Ark Finance、Fidelityのような大手企業が、証券取引委員会(SEC)にスポットビットコインETFを申請したことだ。

さらに、ロンドン証券取引所(LSE)、ANZ銀行、JPモルガンといった企業も、トークン化のコンセプトを採用している。トークン化とは、企業が現実世界資産(RWA)をデジタルトークンに変換するプロセスである。

第二に、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを終了した可能性がある。連邦準備制度理事会(FRB)は過去2回の会合で金利を据え置き、関係者は現状維持を指摘している。

直近の経済データでは、インフレ率は9月の3.7%から3.2%に低下した。コア・インフレ率は4.0%に後退した。労働市場が軟化し、原油価格が下落していることから、日本銀行が再び利上げに踏み切る可能性は低い。UBSのアナリストは最近のメモで、2024年に利下げを開始するとほのめかしている。

さらに、ビットコインの供給量は減少しており、取引所における供給量は過去5年間で最低水準にまで落ち込んでいる。これは半減が起こる数カ月前に起こっている。したがって、ビットコインの需要増と供給量の減少が組み合わさることで、価格が上昇する可能性が高い。

そうなれば、ビットコイン価格は高騰し、イーサリアムやSolanaといった他のアルトコインの需要が高まる可能性が高い。

Shiba Memuは好調

一方、人工知能(AI)機能を持つ暗号ミームコイン、Shiba Memuは好調だ。ウェブサイトによると、開発者は世界の投資家から450万ドル以上を調達している。トークンの購入はこちら

Shiba Memuは、AI機能を持つプラットフォームを作ることで、ミームコイン業界を変えることを目指している。このプラットフォームが持つ主な機能には、自然言語処理(NLP)、センチメンタル分析、動画・音声認識、予測分析などがある。

Shiba Memuは、これらのAI機能を使ってマーケティングを強化する。そのため、開発者は、Shiba InuやBonkよりもShiba Memuの方がはるかに優れていると期待している。

暗号の強気相場が続けば、SHMUトークンはうまくいくだろう。最近、我々は多くのミームトークンが反発するのを見てきた。Floki Inuの価格は今年100%以上跳ね上がり、BonkとMemecoinは数百万ドル規模のトークンになった。その他の人気ミームコインはPepeとTaboo Tokenだ。

歴史的に、ミームコインは強い暗号ラリーがあるときにうまくいく傾向がある。例えば、Shiba Inuはビットコインが史上最高値まで急騰したときに業界の主要プレーヤーとなった。