ホームニュース33の中央銀行と12の金融当局がBTCについて話し合うため、Nayib Bukele氏と会合

33の中央銀行と12の金融当局がBTCについて話し合うため、Nayib Bukele氏と会合

Charles Thuo

エルサルバドルのNayib Bukele大統領は、月曜日に33の中央銀行と12の金融当局と会談し、ビットコインの展開について話し合うとツイートしました。

「金融包摂、デジタル経済、銀行口座を持たない人の銀行業務、#ビットコインの展開と我が国におけるその利点について話し合う」会議についてのツイートに続くスレッドによると、Bukele大統領に会うと予想される銀行には、ルワンダ銀行、Sacco Societies Regulatory Authority (SASRA) Kenya、エジプト中央銀行、ナイジェリア中央銀行、モルディブ通貨庁などが含まれると述べています。

Bukele大統領が言及した中央銀行と規制当局は、主に発展途上国、特にアフリカの国々です。

現時点では明示的にビットコインを議論するために、または議論されるべき他の問題がある場合、それは明らかです。

しかし、このツイートから5日後、「ビットコインビーチ」というツイッターアカウントの人物が、「いくつかの国がエルサルバドルに向かっている」と発言していたので、Bukele大統領のツイートは世界を驚かせたわけではないようです。

エルサルバドルとビットコイン

エルサルバドルはビットコインを法定通貨とした最初の国で、最近BTC価格の下落に乗じて500ビットコインを購入しました。

https://twitter.com/nayibbukele/status/1523742670044413954?s=20&t=_CYR7Efkhu2kKGUeWK1ZkA

エルサルバドルは、同国でBTCを法定通貨にしたほか、現在のビットコイン価格で6000万ドル以上の価値があるビットコインを2000枚以上蓄積しています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。