Bitbotのプレセールが最終段階に入り、取引所上場の準備に入る

Bitcoin Dogs コイン
世界初のBITCOINのICO プレセールは3月15日に終了
Bitcoin Dogs コイン
世界初のBITCOINのICO プレセールは3月15日に終了

Bitbotのプレセールが最終段階に入り、取引所上場の準備に入る

By Hassan Maishera - 分読み (ショート)
bitbot crypto trading bot website homepage

重要なポイント

  • Bitbotのプレセールは最終段階に入り、これまでに約400万ドルを調達した。
  • チームはすでにネイティブトークンを暗号取引所に上場する準備を進めている。

Bitbotのプレセールが終了に近づく

Bitbotのプレセールは徐々に終わりに近づいており、最終ステージはほぼ完売している。プレセールはおよそ4ヶ月間続き、これまでに400万ドル近くを集めた。開発チームによると、彼らはすでに$BITbotトークンを暗号通貨取引所に上場するために動いているという。

Bitbotとは?

Bitbotのプレセールが終了間近となった今、このプロジェクトとその内容について深く掘り下げてみよう。暗号取引のエコシステムにAIを導入しようとするユニークなプロジェクトだ。

BitbotはTelegramのAI取引ボットで、トレーダーは暗号通貨取引の旅に役立つエキサイティングな機能を利用できる。このツールを使えば、トレーダーはTelegram上のコールドウォレットを通じて暗号通貨を取引できる。

BitbotがTelegramを活用しているのは、暗号通貨ユーザー向けの主要メッセージング・プラットフォームとしての地位のおかげだ。全世界で9億人以上のユーザーを抱えるBitbotは、Telegramを利用して大規模な普及を図りたい考えだ。

Bitbotは、トレーダーがより迅速、安全かつ透明性の高い取引を実行するための幅広いツールにアクセスできるようにする。

Bitbotの立ち上げは、暗号市場総額が3兆ドルの大台に近づいているブル・ランの最中に行われる。このツールは、暗号通貨市場の個人・機関トレーダーにサービスを提供する。

BitbotのAIトレーディング・サービスがトレーディングを容易にする

Bitbotチームによると、そのサービスにより、ユーザーは機関投資家レベルの機能を簡単に利用できるようになるという。この取引ツールは、ユーザーの取引プロセスを容易にするために、技術的に精通した機能を提供することに重点を置く。

Bitbotの重要な側面は、ユーザーの資産と情報のセキュリティである。Knightsafe 機能を使用してセルフ・カストディ・ソリューションを提供し、Telegram 取引に関連する典型的なリスクを排除する。

さらに、BitbotはアンチMEVとアンチドラッグ・ソリューションを組み込み、ユーザーの資産保護を支援する。また、Bitbotは、非保管API技術による超柔軟なウォレット管理をツールに統合する。

Bitbot のもう一つの優れた機能は、コピー取引です。この機能により、新規トレーダーはオンチェーン活動に基づいて、最も好調なウォレットの取引をコピーできるようになる。

Bitbot のプレセールが400万ドルに迫る

Bitbotのプレセールは順調に進んでおり、現在最後の第15ステージに入っている。これまでのところ、Bitbotはこのステージに必要な$4,324,000のうち$3,967,749を調達している。

現在、$BITBOTトークンは$0.020で取引されており、これはトークンが暗号取引所でローンチする前の最後のプレセール価格である。トークノミクスによると、開発チームはトークン供給総額の20%を保有し、継続的な開発資金に充てる。トークン総供給量の14%はマーケティングとCEXリスティングに割り当てられ、残りの3%は取引所の流動性提供に割り当てられる。

Bitbotのプレセールの詳細については、こちらをクリック。

取引所上場前に$BITBOTを買うべきか?

Bitbotのプレセールが終了し、投資家がトークンを割安で購入できる最後の機会となるかもしれない。歴史的に、プレセールは暗号通貨取引所に上場される前に投資家が割引価格でトークンを購入できるため、暗号プロジェクトへの投資に最適なタイミングである。

Bitbotは、Telegramの利用により、暗号空間における主要なAI取引プラットフォームの1つになる可能性がある。このツールが適切なレベルで普及すればネイティブ・トークンは大幅な価格高騰を記録する可能性がある。