ホームニュースビットコイン(BTC)3万ドル割れで暴落後反発ー3万4000ドル突破で急伸できるか?

ビットコイン(BTC)3万ドル割れで暴落後反発ー3万4000ドル突破で急伸できるか?

ビットコイン(BTC)は、2022年に最悪のクラッシュが発生した後、わずかに回復したようです。コインは昨年7月以来初めて30,000ドルを下回りましたが、数日で急激にリバウンドしました。主なポイントは次のとおりです。

  • 過去24時間のわずかな回復の後、BTCは現在31,000ドルを上回っています。

  • BTCを30,000ドル未満に押し下げる可能性のある重大な下振れリスクが依然として残っています。

  • 強気のRSIの相違は、34,000ドルに向けて急騰する可能性があることを示唆しています。

データソース:Tradingview

ビットコイン(BTC)ー価格はどのように展開するか

ビットコイン(BTC)は約10カ月ぶりに3万ドルを割り込みました。2022年にはより急激な下落が見られたものの、3万ドルを突破することはありませんでした。しかし、メガキャップはほぼ瞬時に回復し、現在は31,000ドルを超える水準で推移しています。

にもかかわらず、多くのダウンサイドリスクがまだ残っています。実際、投資家心理の低迷と市場の広範な調整が進行しているため、今後のブルランの前に BTC が 20,000 ドルまで暴落する恐れがあります。しかし、モメンタム指標は、短期的な上昇の機会があることを示しています。

現在の RSI ダイバージェンスに基づき、BTC が 34,000 ドルをテストすると予想しています。しかし、上昇モメンタムは依然として厳しく制限されています。センチメントを変えるような劇的なことが起こらない限り、BTC は 34,000 ドルに達した後、売られる可能性が高く、もう一度 30,000 ドルのサポートを失う可能性もあります。

BTCはどこで底を打つのか?

今年、多くのアナリストがビットコインの何らかの調整を予想していました。しかし、予想以上に価格が急落しています。もし、BTCが3万ドル以上を維持できなければ、大幅な値下がりが予想されます。

実際、3万ドル以下のダウンサイドリスクは非常に深刻で、BTCが3万ドル以下にしっかりと落ち着くとフリーフォールに陥る可能性があるほどです。多くのアナリストは、このコインが次に上昇する前に2万ドルで底を打つのではないかと懸念しています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。