ホームニュースビットコインは何もしない、Warren Buffet氏の主張

ビットコインは何もしない、Warren Buffet氏の主張

億万長者の投資家Warren Buffet氏は最大のビットコイン批判者の一人で、彼は最近の講演で再び暗号通貨を攻撃しました。

Berkshire HathawayのCEOであるWarren Buffet氏が、年次株主総会でビットコインを攻撃したのです。Buffet氏はビットコインは何もしないし、たとえ25ドルで売られても買わないと述べました。

来年、5年、10年の間に上がるか下がるか、私にはわからない。でも、ひとつだけ確かなことは、何も生み出さないということです。これには魔法がかかっていて、人はいろいろなものに魔法をかけるものです。もしあなたが世界中のビットコインを全部持っていて、それを25ドルで売ると言ったとしたら、私は受け取らないでしょう。それをどうするかというと、どうにかしてあなたに売り戻さなければなりません。

Buffet氏は過去数年間、何度かビットコインを批判してきました。しかし、それでも暗号通貨市場の進化と成長は止まりません。暗号エコシステムは2021年11月に3兆ドルという史上最高額を記録し、市場の専門家は今後数年間でさらなる利益を記録すると考えています。

Berkshire HathawayのCharlie Munger副会長もビットコインを批判し、次のように述べています。

私の人生において愚かで邪悪で、私を悪く見せるものを避けようとしていますが、ビットコインはその3つをすべて行っています。

ビットコインは依然として世界最大の暗号通貨であり、市場支配率は41%です。ビットコインの時価総額は7500億ドルに迫り、半年前に記録した1兆ドル超から減少しています。

ビットコインはここ数週間、40,000ドル台でもみ合いとなっており、2021年11月に史上最高値の69,000ドルを記録して以来、ビットコインはその価値の40%以上を失っています。

市場の弱気心理が厚くなり、現在、市場の短期的な見通しはネガティブです。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。