PODCAST:IOTAのChristian Saur氏とIOTAについて語る

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

PODCAST:IOTAのChristian Saur氏とIOTAについて語る

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

この弱気相場は、IOTAにとって初めての経験ではありません。

「blockchainless blockchain」は、暗号通貨世界の新参者ではなく、2017年の陶酔に続く最後の暗号の冬の経験を引き出すのに十分古く、賢明なものです。

今週のCoinJournal Podcastでは、IOTAのChristian Saur氏と、IOTAのすべてについて、また暗号通貨市場全体についてお話しました。

議論することはたくさんありました。投資家は2017年のIOTAの大暴騰を覚えているかもしれませんし、その後の弱気相場を生き残りながらも、COVID中の直近の強気相場でその高値を超えられなかった数少ないトークンの1つです。

しかし、何よりも当時の投機がいかに横行していたかを浮き彫りにしており、Saur氏は実用性の欠如とIOTAのその後の著しい発展について興味深い指摘をしています。ー私たちが多くの大きな暗号通貨で見てきたことに似ているのです。

そしてDeFiーIOTAは今、この空間での存在感を高めるために本格的な動きを見せています。私が分析で強調する1つのポイントは、暗号市場に波及した最近の伝染の間、DeFiはまさに計画通りに機能したという事実です。CelsiusやThree Arrows Capitalなどの悪徳業者は、すべてCeFiの会社でした。

DeFiは約束したとおりに実行しました。清算は予定通りコード化されたとおりに行われ、ブロックチェーンは嘘をつかなかったのです。何も失敗せず、何も壊れませんでした。確かに、TerraはDeFiとしてカウントされるかもしれませんが、それはDeFi自体に問題があったのではなく、欠陥のあるモデルを経由していたのです。私たちはこれらの出来事とDeFiの反応について話をしました。

長い間存在し、このような事態を経験してきたコインと話をするのは有意義なことでした。投資家にとっては安心材料になるのでしょうか?

先月、Shimmerネットワークがリリースされ、Saur氏はIOTA版の「PolkadotにとってのKusama」のようなものだと例えました。最近の多くのプロジェクトとは異なり、トークンの大きな塊がインサイダーに流れることもなく、公正な立ち上げについて聞けたのはよかったです。

私たちは、ほとんど強気な感情がない弱気市場の中で、このような大きなアップグレードを開始することがどのようなものであるかに焦点を当てました。また今回のアップグレードがどのようなものか、そしてIOTAにとって今後どのような意味を持つのか、その内部と外部にも踏み込んでいます。

最後に、暗号への個人的な旅について聞くのは、いつも楽しいものです。Saur氏が初めてIOTAに出会ったとき、彼は暗号の底なし沼にはまり、すべてを手に入れることを決心しました。

これはほんの一部ですが、Podcastの全編は以下のリンクからご覧いただけます。

CoinJournal Podcast ホームページ

CoinJournal

CoinJournal Youtube