ホームニュースビットコインのソリューションはエレガントではない、Algorand CEOが語る

ビットコインのソリューションはエレガントではない、Algorand CEOが語る

Algorand FoundationのCEOは、自分はBitcoinの大ファンだが、暗号通貨はある側面で欠けていると語りました。

Algorand FoundationのCEOは、LA Timesとの最近のインタビューで、暗号通貨空間のさまざまな側面について話し合いました。インタビューの中で、Silvio Micali氏はビットコインのソリューションはエレガントではないと述べました。

ビットコインについての彼の考えについて尋ねられたとき、Micali氏は以下のように述べました。

「私は主なアイデアを買いました。そのアイデアは美しいが、どういうわけかソリューションはエレガントとは言い難いです。私たちは皆、自分のやっていることに美やエレガンスを求めています。ビットコインは小さな国ほどの電力を吸収し、私たちはおよそ10軒の家ほどの電力を消費することになるのです。Algorandは、ビットコインのはるかにエネルギーを消費するプルーフ・オブ・ワーク方式に対して、いわゆる純粋なプルーフ・オブ・ステーク方式で取引ブロックの検証を行っています。」

Micali氏は、ブロックチェーンスペースはまだ初期段階にあり、まだ長い道のりがあると付け加えました。彼は、同時に機能するブロックチェーンテクノロジーにはさまざまな世代があると述べました。

「私たちは、非常に分断された世界にいます。ブロックチェーン1.0、2.0、3.0、4.0(Algorandはこれだと思う)が同時期に共存しているのです。これは非常にユニークなことです。産業革命を見ると……どんどん高度な(技術が)出てくるので、普通はこれらすべてが共存することはないのです。私たちは、私たちのような非常に洗練されたブロックチェーンが存在し、同時に存在し続ける非常に初期の世代のブロックチェーンが存在する、非常にユニークな瞬間にいるのです。」

また以下のように付け加えています。

「ブロックチェーンが取引に使われ始めた瞬間に、本当に低コストで取引できる数少ないブロックチェーンが出現すると私は考えています。伝統的な金融がブロックチェーンに乗り出すと、本当に大規模で取引に使われるブロックチェーンが加速度的に増えていくことでしょう。そして、(ビットコインのような)少数のストアオブバリューは、もしかしたら残るかもしれません。」

Algorandは、世界でも有数の暗号通貨です。Algorand財団は最近、サッカー統括団体FIFAとパートナーシップ契約を締結し、来るFIFA2022ワールドカップの公式ブロックチェーン・パートナーになりました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。