ホームニュースCiti:メタバースは13兆ドルの経済規模に成長する可能性がある

Citi:メタバースは13兆ドルの経済規模に成長する可能性がある


Citiの「メタバースとマネー」展望は、仮想世界の生態系が50億人のユーザーを包含するまでに成長する可能性を示唆しています。

Citiは、メタバースが今後数年間で最大13兆ドルの総アドレス可能市場(TAM)に到達する可能性があると予測する新しいレポートをリリースしました。

木曜日に発表されたGlobalPerspectives&Solutions(GPS) レポートで、銀行のアナリストは、メタバースへの関心の急上昇は、今後7年ほどで仮想世界の経済を10兆ドル以上に押し上げる可能性があると述べています。

「デバイスを問わない」メタバース

インターネットの次の世代として、メタバースは物理的な世界とデジタルな世界の両方の現実を融合させるでしょう。この没入型体験は、純粋にバーチャルリアリティをターゲットとしたものではなく、「デバイスを問わない」ものになります。GPSのレポートによると、スマートフォン、PC、ゲーム機など、さまざまなデバイスからのアクセスが可能になるとのことです。

このようなメタバースは急速に拡大し、最大で50億人のユーザーを数えることができると報告書は述べています。

「この定義に基づくと、メタバース経済におけるアドレス可能な市場の総額は、2030年までに8兆ドルから13兆ドルに成長すると推定されます」と、同行は報告書の中で述べています。

対処すべきいくつかの問題

メタバースの概念は完全に新しいものではありませんが、メタバースへの「本当の」関心は、非代替性トークン(NFT)の爆発的な増加に続いて昨年定着し始めました。メタプラットフォーム(以前のFacebook)や他のビッグテック企業のエコシステムへの参入は、世界中の関心を飛躍させることになりました。

2022年に、仮想世界空間の開発は、多くがWeb3に融合する段階に移行しています。勢いを増し続けるユースケースは、アート、メディア、コマースなどの分野にあります。

シティのアナリストは、メタバースを「インターネットの新しいイテレーション」と見なしていますが、さらなるイノベーションと成長を支援するために対処する必要のある問題があると考えています。

これは、政府やその他のグローバルな規制当局がこのエコシステムに対してより大きな関心を寄せることに起因すると考えられ、メタバース空間内のプレイヤーは、マネーロンダリング、財産権、デジタル資産や分散型金融(DeFi)の利用に関する問題に対処する準備が必要であると同行は考えています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。