仮想通貨の恐怖と欲の指数が上昇、Memeinatorが勢いを増す

Memeinator コイン
100倍の利益が期待できるプレセール?
Memeinator コイン
100倍の利益が期待できるプレセール?

仮想通貨の恐怖と欲の指数が上昇、Memeinatorが勢いを増す

By Crispus Nyaga - 分読み (ショート)
  • BinanceはSECと和解し、43億ドルを支払うことで合意。

  • Changpeng Zhao氏もCEOを辞任し、5,000万ドルを支払うことに同意した。

  • Memeinatorはトークンセールを継続し、140万ドル以上を調達した。

今週、業界が厳しい試練に見舞われたにもかかわらず、暗号の恐怖と貪欲の指数は緑色を維持した。ビットコインは38,000ドル以上に急騰し、Superverse(SUPER)、GameSwift、EthereumPoWなどの暗号トークンは2倍以上に増加した。すべてのデジタル通貨の時価総額は1.5兆ドルレベルに近づいた。

BinanceとKrakenの苦境

今週、暗号業界ではいくつかの重要な出来事があった。それは、証券取引委員会(SEC)が世界最大の暗号取引所のひとつであるKrakenに対して起こした大規模な訴訟から始まった。

SECは、同社が未登録の証券取引所として運営されており、何百万人もの顧客を危険にさらしていると主張した。また、ブローカー、ディーラー、クリアリングハウスのサービスを違法に提供している。さらに、同取引所は適切な記録管理を行っておらず、顧客の資金を混同しているとしている。

その1日後、SECは世界最大の取引所であるバイナンスと和解に達した。和解の一環として、同社の創設者でありCEOであるChangPeng Zhao氏は退任し、5000万ドルの罰金を支払うことに同意した。また、同取引所は40億ドル以上の罰金を支払うことになる。

したがって、暗号通貨の値動きは、投資家がバイナンスの新たな行動を歓迎していることの表れである。そのうえ、ここ数カ月、暗号業界には規制上の課題がつきまとっていた。JPモルガンのアナリストは声明の中で次のように述べている:

バイナンスの市場シェアの損失は今後抑制されるはずであり、バイナンスの業務とビジネスモデルに対する和解の影響がより明確になれば、おそらく部分的に逆転するだろう。

Memeinatorのトークンセールは好調

一方、Memeinatorはトークン・セールが勢いを増す中、好調を維持している。同社のウェブサイトによると、需要が高まる中、開発者は投資家から14億9000万ドル以上を調達している。

また、30万人以上がキャンペーンに応募しており、当選者は数カ月後に宇宙行きのチケットを手にすることができる。Virgin Galacticの旅は20万ドル以上すると言われている。

Memeinatorは2つの重要なテーマを活用することを目指している。第一に、MemeCoin(MEME)やPepe、Bonkといった他のミームコインを凌駕しようとするミームコインである。これらのトークンはいずれも最近急騰し、億万長者を生み出している。

第二に、人工知能(AI)というテーマがあり、ChatGPT、Bard AI、Anthropicの成功の後に活況を呈している。最近、SingularityNET(AGIX)やFetch AIなどのAIトークンは、業界で最高のパフォーマンスを見せている。したがって、MMTRトークンが上場されれば、良い結果を出す可能性がある。MMTRトークンはこちらで購入できる。

Memeinatorへの投資にはリスクがある。他のトークンで見られたように、上場後に価格が上昇しないリスクがあります。また、パンプ・アンド・ダンプのリスクもある。したがって、失ってもよい資金だけを投資すべきだ。