ホームニュース制裁を背景に暗号通貨が上昇

制裁を背景に暗号通貨が上昇

Crypto bitcoins in piles & one on its edge

ウクライナでの戦争は多くの点で世界秩序のターニングポイントになりました。その1つは、デジタル通貨の力と使用を誇示することでした、とBBCは書いています。

Bitcoinは14%増加、Ethereumは11%増加

Bitcoin( BTC / USD )は過去24時間で14%上昇し、執筆時点では43,000ドルで取引されています。過去7日間の利益は、18%弱になります。 2番目に大きい暗号通貨であるEthereum( ETH / USD )は、24時間で11%急増しました。その毎週の利益は約15%です。

4番目に大きい暗号通貨であるBinanceCoin( BNB / USD )と、取引量で最大の暗号通貨取引所であるBinanceのネイティブトークンは、今日9%、過去7日間で12%増加しました。

Binanceはウクライナ政府から要請を受けたにもかかわらず、ロシア人ユーザーのアカウントをブロックしないとの報道がある中で、この展開となりました。暗号取引所Krakenも拒否しています。

ロシアは制裁を回避するため暗号を使用

日曜日に、ウクライナのデジタル変換大臣Mykhailo Fedorov氏は、すべての主要な暗号通貨取引所にロシアのユーザーをブロックするよう呼びかけました。彼は以下のツイートをしています。

ロシアとベラルーシの政治家にリンクされているアドレスだけでなく、一般ユーザーを妨害するためにも凍結することが重要です。

ウクライナ政府は、ロシアが世界の金融システムへのアクセスを奪われて、西側の制裁を回避するために暗号を使用することを懸念しています。

寄付者から数百万円のBitcoinが殺到

ウクライナでは、匿名の団体がこれまでに1100万ドル以上のBitcoinを戦費に寄付したと、世界のメディアが報じました。ウクライナ政府、ボランティア団体、NGOが、Bitcoinのウォレットアドレスをネット上で宣伝することで資金を調達し、数千件の寄付が行われました。

ウクライナ政府は土曜日の午後に資金調達のためにツイッターを利用し、次のように投稿しました。

ウクライナの人々と共に立ち上がろう。現在、暗号通貨 Bitcoin、Ethereum、USDTによる寄付を受け付けています。

Ethereumの共同創設者であるVitalik Buterin氏のような暗号の主要人物からの躊躇にもかかわらず、投稿された2つの暗号通貨ウォレットのアドレスは8時間以内に500万ドル以上を蓄積しました。

関係者によると、一部のクラウドファンディングや決済会社がウクライナ軍を支援する団体への寄付を拒否したため、暗号が有力な代替手段として浮上したとのことです。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。