ホームニュースファンタジーNFT取引プラットフォーム「Sorare」がメジャーリーグと提携

ファンタジーNFT取引プラットフォーム「Sorare」がメジャーリーグと提携

デジタル選手カードで仮想チームを売買・管理できるファンタジー・フットボールゲーム「Sorare」が、メジャーリーグベースボール(MLB)と提携したことを発表しました。

SorareプラットフォームはファンタジーNFTの最大手の一つで、昨年の評価額は43億ドルでした。

MLBは、プレイヤーがソラーレと協力して、今夏にリリース予定のMLB初のNFTゲーム(フリー・トゥ・イヤー)を開始することを許可します。

NFTベースボールゲームでは、より多くの専用機能を提供予定

MLBの公式パートナーとして、Sorareのプラットフォームはファンがゲームを通じて情熱を共有し、祝福することを可能にします。これは、Sorareにとってサッカーを超えた初めてのゲーム事業となります。

Sorareの共同創業者であり、最高経営責任者であるNicolas Julia氏は、次のように述べています。

「MLBは数十年にわたりインタラクティブなゲームの最前線に立ち、野球は最も古く、最も確立されたスポーツの形態を持っています。今日、新しい世代に向けたデジタルエンゲージメントとテクノロジーの進化に伴い、私たちのパートナーシップは、新しく幅広いファン層がアメリカの娯楽とつながりを持てるよう支援します…アメリカ人と野球のつながりは不変です。MLBとMLBPAがNFT MLBゲームを世界中のファンに提供するためにSorareを選択したことを誇りに思います。」

MLBゲームでは、ファンがメジャーリーグの選手を代表する最高のNFTチームを作成し、ライブの野球ゲーム体験でクラブ、アスリート、リーグとつながることができます。

また、Sorareは当初から、NFTの収集にとどまらない体験を提供するために、先進的な取り組みを行ってきました。Sorareは、デジタルアセットを無料ゲームと組み合わせて、ファンが自分の好きな選手を管理したり、NFTのウィークリーリワードやユーティリティをアンロックできるような体験も開発しています。

ファンを巻き込む

ベースボールNFTの新ゲームは、世界中の新しいファンを引きつけると同時に、既存の野球ファンを世界185カ国、180万人のSorareユーザーに紹介する絶好の機会でもあるのです。

Robert D. Manfred Jrベースボール委員は、次のように述べています。

「私たちがファンと築くつながりは非常に重要であり、Sorareはその絆の重要性を理解しています。」

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。