ホームニュースFCAはBitpandaの取引直後に合併について暗号ビジネスに警告

FCAはBitpandaの取引直後に合併について暗号ビジネスに警告


  • 英国の規制当局は、設定された要件に準拠していないことが判明した場合、暗号ビジネスの登録をキャンセルする権限があると述べています。

  • Bitpandaは火曜日の朝にDeFiカストディアン会社Trustologyの買収を発表しました。

英国の金融規制当局である金融行動監視機構(FCA)は、新しい所有者のコンプライアンスを評価するための規制環境がないことを理由に、合併について暗号資産企業に警告しています。

FCAの声明は、暗号通貨取引所Bitpandが英国で登録されたDeFiカストディアンプラットフォームTrustologyの買収を発表した直後に発表されました。

要件に準拠するための規制対象企業

金融規制当局によると、Trustologyは、同国のマネーロンダリング規制(MLRs)の規定による規制対象事業者であるとのことです。

従って、今回の買収は、MLRの規定上、買収企業にとって有益なものです。しかし、同規定は、新しい所有者に触れる規制面へのアクセスを提供するものではない、と声明で付け加えています。

MLRsには、「FCAが取引完了前に受益者または支配者の変更の適否を評価できるような規定はない」と同庁は述べています。

この場合、MLRsの規制範囲は他の規制規定とは異なる、と声明は付け加えています。これらにより、監視当局は英国で活動するすべての企業に対して、監督、認可、執行の権限を持つことになります。

FCAは、会社またはその受益者が適切で適切であると満足していない場合、暗号資産事業の登録を一時停止またはキャンセルするための措置を講じることができます。」と金融市場規制当局は警告しました。

そして関係会社が設定された要件を遵守しなかったと判断された場合、暗号資産会社の登録を一時停止またはキャンセルする可能性があると付け加えました。

Bitpandaは火曜日にTrustologyを買収したと発表しました。これは、英国の暗号規制の状況において初めての合併です。

Bitpandaはオーストラリアを拠点とする暗号通貨取引所で、EUで規制されています。取引所によると、カストディアンウォレットを買収する動きは、Bitpanda Proを本格的なプライムブローカレッジプラットフォームに移行させる方向に働いています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。