ホームニュースKrakenのウクライナ人への寄付は、ロシア制裁のジレンマに対する完璧な解決策

Krakenのウクライナ人への寄付は、ロシア制裁のジレンマに対する完璧な解決策


ここ数週間、ロシアがウクライナに侵攻し、マーケットに与える影響についてばかり書いていたような気がします。今日はそのような大きなスケールで見ると、ちょっと些細なことではありますが、良いニュースがありました。それも、いい変化です。

売名行為?

Krakenは、2022年3月9日より前に登録されたすべてのウクライナのアカウントにビットコインを寄付すると発表しました。最初は資格基準が厳しく、売名行為である可能性が高いと思いましたが、詳細を掘り下げてみると、Krakenの功績を認めなければなりません。ウクライナのアカウントを持っていれば、かなり簡単に請求できるようです。

  • 2022年3月9日より前にウクライナから登録されていること。
  • 「中級」または「プロ」アカウントであること(これは写真付き身分証明書で確認することを意味するので、かなり簡単)
  • ビットコインを受け取るには、2022年5月1日までにログインする必要がある。

金額も相当なものです。いずれかの段階でアカウントに残高があった場合、1000ドルを請求する資格があります。(Krakenはこれをトランシェ1と呼んでいます)一度も残高を持ったことがない場合、(KrakenではTranche 2と呼んでいます)500ドルのビットコインを受け取ることができます。

実はもっとあるんです。今後、通貨変換手数料を相殺する目的で、1000ドルのクレジットがアカウントに適用される予定です。また、2022年前半にロシアを拠点とする顧客が支払った取引手数料の分だけ、支援金が増額されます。

モラルジレンマ

私は先週、ウクライナのMykhailo Fedorov副大統領からのツイッターでの訴えに続いて、ロシアのアカウントの凍結に関して暗号通貨取引所が直面している道徳的なジレンマを調べた記事を書きました。

KrakenのCEO、Jesse Powell氏は、「ビットコインは個人主義と人権を強く支持するリバータリアンの価値観の具現化である。」と主張して、上記の要求を拒否しました。個人の自由に暗号のルーツがあることを考えると、彼(および他の取引所)が非常に困難な場所にいることに私は同情しています。

アカウントの凍結を避けながら、集めたロシアの手数料をウクライナのアカウントに寄付し、さらに援助するというこのイニシアチブは、困難な道徳的ジレンマに対する完璧な解決策になると私は信じています。

「私たちは、ウクライナとロシアの両方のクライアントに必要なときに、重要な金融サービスを提供し続けることができることを望んでいます。」と、KrakenのCEO、Jesse Powell氏は発表しました。 「暗号通貨は、特に世界中の多くの人が伝統的な銀行やカストディアンに頼ることができなくなった現在でも、重要な人道的ツールであり続けています。」

このようにして、Powell氏は、暗号の自由、プライバシー、自己管理の激しい防御と、ウクライナの助けを借りるという道徳的義務の両方を、直接またはロシアに対する制裁を平準化することによって、微妙にバランスさせることができました。

オンチェーンの影響

最後に、ビットコインKrakenがどれだけの金額を提供しているかを確認したいと思います。 500ドル相当のビットコインの下限を見てみましょう。これを書いている時点では、(ビットコインは42,300ドルで取引されています)500ドル相当は0.012ビットコインに相当します。ビットコインのボラティリティの傾向を考慮して、保守主義のために少し切り捨てて、0.01ビットコインを受け取ると仮定しましょう。

オンチェーンデータを見ると、ビットコインアドレスの23.6%だけが実際に0.01を超えるビットコインを含んでいます。つまり、500ドルの低額を受け取るTranche 2ウクライナのアカウントでさえ、ビットコイン保有者の上位4分の1に入るということです。すごい。

クールな動きですね、Kraken。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。