ホームニュースKuCoinがプログラム可能なプライバシーを持つパブリックブロックチェーン「Findora」を上場

KuCoinがプログラム可能なプライバシーを持つパブリックブロックチェーン「Findora」を上場

KuCoinは本日、プログラム可能なプライバシーと完全なEVM互換性を備えたパブリックブロックチェーンのトークンであるFindora(FRA)をリストしました。サポートされているトレーディングペアはFRA/USDTです。

入金は即時有効

対応するFRAネットワークへの入金は即時有効となります。取引は明日4月12日09:00 UTCに開始され、出金は2022年4月13日10:00UTCから可能になります。

詳細

Findoraの総供給量は210億FRAを上限とします。発行価格は0.058ドルです。Findoraは、ゼロ知識証明とマルチパーティ計算の最新の発見を使用しています。これにより、ユーザーは選択的な監査可能性を持つ個人的な取引を行うことができます。

もともと大学の暗号研究として構想されたプロジェクトです。2021年に一般公開が開始されました。

Findoraのメリット

この公開された分散型の多目的トランザクションシステムにより、ユーザーは元帳を介して機密でありながら公的に監査可能な方法で操作できます。プライバシーとコンプライアンスを保証する資産、トランザクション、およびプログラム可能な契約をホストします。

ブロックチェーンは、イーサリアムやビットコインとは異なり、オペレーターの分散型ネットワーク上で実行されます。同時に、多くの相互運用可能なネットワークが実行するサイド元帳をサポートします。

従来の金融機関は、これらのサイドレジャーを利用して、運用しているインフラを置き換えることができますが、このプラットフォームでは、あらゆる種類のアセットを発行することができます。その使命は、デジタル資産のサポートと多様な金融ユースケースに関連する課題を解決することです。

エコシステムは、他のブロックチェーンベースのシステムの透明性とパブリックアクセシビリティを維持することに重点を置いています。このプライバシー保護の透明性を実現することを目的としています。

KuCoinについて

KuCoinは、人々のための、人々による、人々のための暗号取引所と自称しています。最先端の技術を活用し、ブロックチェーン革命へのアクセスを向上させるために有用なサービスを生み出しています。

KuCoinが発展させるコミュニティは、誰もが成長の恩恵を受け、自分の意見を聞くことができるようにするものです。

KuCoinは、KuCoinトークン(KCS)を中心としたエコシステムを構築しています。KCSは、コミュニティのメンバー全員が構築を支援した、繁栄する分散型世界へのユーザーのガイドとなるでしょう。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。