ホームニュースマレーシアの大臣、暗号通貨は決済に適さないとの見解を示す

マレーシアの大臣、暗号通貨は決済に適さないとの見解を示す

マレーシアの副首相は、BiticoinとEthereumはお金の特徴を示さないとの見解を示しています。

マレーシア副首相のYamani Hafez氏は、Bitcoin(BTC)やEthereum(ETH)などのデジタル資産は、支払い目的で使用するという観点から見ると適切ではないと指摘しています。

暗号通貨とその貨幣としての利用の拡大に関する質問に対する幅広い回答の中で、大臣は次のように述べています。

BitcoinやEthereumなどのデジタル資産は、お金の特性を示さないため、支払い手段としての使用には適していません。

暗号通貨のボラティリティ

暗号に親和的なこの国では、人々は自由にデジタル資産を保有し取引することができますが、当局は法定通貨として使用することを認めていません。そして大臣は、Bitcoinやその他の暗号通貨がこのデジタル資産のバスケットに括られながら、デジタル通貨として使用できない理由について言及し、この姿勢を改めて強調したようです。

「一般的に、デジタル資産は価値の貯蔵や良い交換手段とはなりません。これは、投機的な投資の結果、ボラティリティにさらされているデジタル資産の状態に起因します。」とHafez氏は説明しました。

同大臣の回答は、暗号規制に関する政府の見通しと中央銀行デジタル通貨(CBDC)の計画に関する国会での質問を受けたものです。

バンク・ネガラはまだCBDCの動きを明確にせず

また、ビットコインの1秒あたりの取引件数は約10件で、Visaのネットワークで可能な65,000件以上と比較すると見劣りするとも述べています。このため、レガシー決済が決済分野で王者であり続けるというのが、この当局者の示唆する見解です。

マレーシアの中央銀行であるバンク・ネガラは、今のところデジタル資産の決済への利用を認めていないと大臣は説明しています。また、CBDCの発行についても、具体的な計画を立てていないとのことです。

「金融政策手段と既存の財政は(中略)金融の安定と国の財政を維持するために有効であることに変わりはない。」と指摘しました。

しかし、暗号通貨を完全に否定するわけではなく、暗号通貨は今や人々が探求できる投資クラスの一つだとHafez氏は言います。マレーシアの証券委員会(SC)は暗号を証券と見なしているとのことです。

今週は、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、Bitcoinをはじめとする暗号通貨が世界的に注目を浴びました。戦争が始まってわずか数時間後、暗号保有者は数十万ドル相当の暗号を非政府組織(NGO)に寄付しました。

寄付金は2日目に400万ドルを超えて急増し、3日間で1000万ドルを超えました。そして、BTCやETHとは別に、Polkadot(DOT)もウクライナ政府に受け入れられました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。