KuCoin上場でBonkが急騰、Dogecoinのオンチェーン上昇で新たなアルトコインが注目を集める

Memeinator コイン
100倍の利益が期待できるプレセール?
Memeinator コイン
100倍の利益が期待できるプレセール?

KuCoin上場でBonkが急騰、Dogecoinのオンチェーン上昇で新たなアルトコインが注目を集める

By Charles Thuo - 分読み (ショート)
  • KuCoin上場後にボンク(BONK)の価格が上昇。
  • Dogecoin のオンチェーン活動が復活。
  • さらに、ドージコインの月へのDOGE-1ミッションが承認されました。

最近のミームコインの動向は、暗号通貨投資家や愛好家の興奮と興味をかき立てている。このニュースアップデートでは、KuCoinへの上場に伴うBonk (BONK)の注目すべき急騰、Dogecoinが資金を提供するDOGE-1 Mission to the Moonの承認、オンチェーン活動の急増によるDogecoin (DOGE)の復活を取り上げる。

さらに、自給自足のマーケティング能力を持つユニークなミームトークンであるShiba Memu (SHMU)の現在進行中のプレセールについても掘り下げる。

Bonk(BONK)が取引所上場で急騰

暗号通貨取引所KuCoinへの上場を受け、Bonk(BONK)の価格が急上昇し、暗号通貨投資家たちが注目の的となった。

本稿執筆時点で、BONKは過去24時間で18%上昇し、0.00000451ドルに達した。

BONKのツイートで発表されたKuCoin上場は、ユーザーと投資家にとって流動性とアクセシビリティを高めるきっかけとなった。上場を記念して、資格のあるユーザーを対象に$58,000相当のBONK賞金プールを提供するキャンペーンが実施され、コミュニティ内でのエンゲージメントがさらに高まりました。

Dogecoinの月ミッションDOGE-1がNTIAの承認を取得

ミームコインにとってまた画期的な進展があり、Dogecoinが資金提供する月へのDOGE-1ミッションは、米国電気通信情報局(NTIA)から認可を受け、重要なマイルストーンを達成した。

この認可は、衛星のXバンドおよびSバンド通信に対応する最終的な連邦通信委員会(FCC)免許を取得するための重要な前触れである。アストロボティックのペレグリン・ミッション・ワンの一環として12月23日に打ち上げられるこのミッションは、NASAを含む一流企業のペイロードとの共同作業となる。

Dogecoinのオンチェーン活動急増

月ミッションに関するポジティブなニュースに加えて、Dogecoin(DOGE)はオンチェーン活動の顕著な増加によって示される人気の復活も経験している。

オンチェーン分析会社のIntoTheBlockによると、Dogecoinを保有するアドレス数は500万を突破し、511万アドレスという新たなピークに達した。

この急増はアクティブアドレスの倍増を伴っており、2022年3月以来の高水準となる168,000アドレスに達した。Dogecoinブロックチェーン上で確認されたトランザクションは急増し、過去10日間で1,000%増という目覚ましい伸びを記録した。最近の価格下落にもかかわらず、チェーン上での活動が活発化していることは、機関投資家や大口保有者の関心が高まっていることを示している。

Shiba Memu(SHMU):市場を破壊する新しいミームコイン

Shiba Memu(SHMU)は、新しいミームコインでありながら、AI技術を活用した自給自足のマーケティング能力で際立っている。現在、プレセールの段階だが、Shiba Memuは独自の戦略を立て、革新的なAIダッシュボードを通じてユーザーと直接関わることで、ミームトークンのマーケティングに革命を起こすことを目指している。

プレセールは今後30日間で終了するが、潜在的な投資家は、このプレセール期間中、SHMUトークンの価格が数時間ごとに上昇するというユニークな価格設定メカニズムに注意する必要がある。このプロジェクトのホワイトペーパーには、AIマーケティングダッシュボードの立ち上げ、分散型アプリケーションとの統合、長期的な成長のための継続的な開発など、野心的な計画が概説されている。

Shiba Memuのプレセールの詳細についてはこちら