ホームニュースRobinhood CEO DOGEは「ネットの通貨」になりうる

Robinhood CEO DOGEは「ネットの通貨」になりうる

RobinhoodのCEOであるVladimir Tenev氏は、Dogecoin(DOGE-USD)は日々の「インターネットの通貨」になり得ると考えています。

RobinhoodのCEOによると、ミームコインをより速く、さらに安価な決済通貨に変えるために必要なのは、いくつかの改良だけかもしれないと述べています。

彼はTwitterのスレッドで自身の考えを説明し、DOGECOINの開発者がDOGEを「人々の通貨」にするために実施すべきことについて、いくつかの提案をしています。

ブロックサイズを大きくし、ブロック時間を短くする

Tenev氏によると、昨年11月の1.14.5アップデート後、Dogecoinの取引手数料はすでに「驚くほど小さくなっている」そうです、このネットワークの平均取引手数料0.003ドルは、主要なカード決済プロバイダーが請求する最大3%よりもはるかに小さいものです。

その場合、改善すべきはDOGEのブロックサイズとブロックタイムであると提案し、そうすればDogecoinの総処理能力を、現在Visaが達成可能なレベルまで向上させることができる、と彼は指摘しています。

Tenev氏は、現状ではDogecoinのスループットは1秒間に約40トランザクション(TPS)であると指摘しています。これは、Dogecoinのブロックサイズが1MBで、ブロックタイムが1分であることに起因しています。

これに対し、Visaは最大65,000TPSを処理することができます。VISAを上回るためには、Dogecoinはそのスループットを1万倍にする必要があり、一見大変なことのように見えますが、Robinhoodの幹部は、DOGE開発者がブロックサイズを大きくすることで、簡単に解決できると考えています。

ブロックサイズの上限を1GB(後に10GB)にすれば、グローバル通貨が当面必要とするすべてのスループットを提供できるだろう。L2ソリューションはこの問題を解決するために必要ない」と指摘しています。

固定通貨供給モデルを採用するのはどうか?

Dogecoinの開発者は、Dogecoinを現在のようなインフレに陥らないようにする方法も探るべきだと、彼は付け加えています。これは、ビットコイン(BTC)の上限2100万枚と同じように、有限の供給量を採用することで可能になるとのことです。そうすれば、Dogecoinのインフレ率は時間の経過とともに減少する可能性があります。

現在の供給量1320億DOGEは、5%を超えるインフレ率に相当します。Tenev氏は、一定の供給量を確保することで、これを2%に抑えることができるのではないかと考えています。

この提案のいくつかはすでにCT上で批判を集めており、特に分散化を犠牲にしてブロックサイズを増加させる可能性が高いという点が指摘されています。

しかし、トレードオフは…

Tenev氏は、ブロックサイズが10GBになると、採掘者がフルノードを稼動させる場合、より高性能なハードウェアが必要となり、一部の熱心な採掘者がネットワークの安全確保に参加できなくなる可能性があることを認めていますが、より中央集権的なネットワークになることを考えると、これは容認できないとの意見もあります。

Tenev氏は、Dogecoinの開発者が彼の考えを考慮する場合、これがトレードオフになる可能性があることを示唆しています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。