ホームニュースRobinhood、正社員を9%削減、株価は急落

Robinhood、正社員を9%削減、株価は急落

RobinhoodのCEOであるVlad Tenev氏は、火曜日のブログ記事で、「役割と職務の重複」が、同社が従業員を解放することを決めた理由の一つであると述べています。

Robinhoodは、ここ数年の急拡大で縮小が必要な中、フルタイムスタッフの9%を削減したと発表しました。

2013年に設立されたこの取引アプリは、2020年から2021年前半にかけて従業員数が飛躍的に増加しました。パンデミックによるロックダウン、財政出動、低金利などで顧客の需要が高まり、同社のフルタイムスタッフは700人から3,800人に跳ね上がりました。

役割の重複が一因

同社のCEOであるVlad Tenev氏は、火曜日のブログ記事で、急速な成長が必然的に「役割や職務の重複、最適とされる以上の層や複雑さ」につながったと述べています。

同社が従業員を手放すという難しい決断をする際に考慮したのは、こうした要因だと彼は付け加えました。

Robinhoodのスタッフをこのように削減することは、効率を高め、速度を上げ、変化する顧客のニーズに確実に対応するための正しい決断であると判断しました。

Robinhoodは戦略的目標の達成に意欲

CEOによると、今回の人員削減は、同社が戦略的目標を達成し続けるための「意図的なステップ」であると述べています。また、金融の民主化という目標をさらに達成することも目的としています。

2022年まで製品の勢いを加速させ、証券会社、暗号、支出/貯蓄の各分野で主要な新製品を導入する予定です。」と彼はコメントしています。

この2年間で、Robinhoodは純ユーザーアカウントを500万から2200万に増やし、収益も2019年の約2億7800万ドルから2021年には18億ドル超に増加しました。GameStopとDogecoinは、取引アプリで最も取引されている資産の上位2つに入っています。

昨年上場した同社は、残高が60億ドル以上の現金を保有しているとされ、米国に本拠を置く同社は、木曜日に第1四半期の決算を発表する予定です。

Robinhoodの株価はこの発表を受けて急落し、市場終了までに3.75%下落しました。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。