今週、ビットコインが通貨として認知されるまでの道のりについて示唆

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

今週、ビットコインが通貨として認知されるまでの道のりについて示唆

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

週明けの大きな話題は、リズ・トラス新首相が一連の減税策を発表したことを受けて、英ポンドが史上最低水準まで下落したことでした。

投資家はこれがポンドの信用を損なうと懸念し、ポンドは1.03ドルという歴史的な安値まで暴落しました。ヘッドラインは、このハルマゲドンのような動き、ポンドの将来、そしてその意味するところを語るもので溢れかえっていたのです。

私が驚いたのは、ビットコインが健全な貨幣と見なされるには、まだどれだけの道のりがあるのかを示していることです。

下のチャートでわかるように、ポンドは7%近く下落し、1.03ドルまで下がり、その後、1.07ドルで取引されているところまで跳ね返されました。

TradingViewによるGBP/USDチャート

ビットコイン

翻って、ビットコインの日次リターンを見てみると、この7%の下落はまさに散歩のようなものです。これを説明するために、昨年1年間のビットコインの日次リターンをプロットしてみたのが以下です。実際、ビットコインが7%以上の大きさで日足が動いたことは、昨年だけで23回ありました。(下降は11回、上昇は12回)

         

明らかに、通貨や価値の保存としては、これは全く受け入れがたいことです。それこそが、ビットコインが、少なくとも当分の間は、どちらでもないと考えられる理由です。ビットコインはまだまだこれからです。

私はビットコインの持つ力を強く信じていますが、今、ビットコインを評判の良い価値貯蔵品として宣言することは、単にとんでもないことです。英ポンドが7%急落した騒動は、このことを何よりもよく表しています。7%という数字は、暗号の国ではほとんど見出しになりません。

今年の夏にエルサルバドルに行ったとき、ビットコインの限界を目の当たりにしました。市民はボラティリティに不安を感じていると報告しており、多くの人がネイティブの Chivo アプリをセットアップして、ビジネスを通じて受け取ったビットコインをすぐに米ドルに変換できるようにしたため、ボラティリティを負担する必要はありませんでした。

世界最大の暗号通貨は、1 年足らず前 (2021 年 11 月) の史上最高値から 70% 下落しています。ビットコインに 100% 割り当てられ、それを価値の保存手段と呼ぶことを想像してみてください。客観的に見れば単純に間違っているでしょう。

ビットコインのボラティリティは低下している?

2014年まで遡って、ビットコインのすべての日々の動きをパーセンテージでプロットしたのが下のチャートです。結果は、ボラティリティが大きく減少する方向には向いていません。

         

しかし、ビットコインが真に主流となったのは、COVID時代であるここ2年間だけです。それ以前はインターネットの片隅で活動するニッチな資産であることがほとんどでした。したがって、ボラティリティの低下に関して最も重要なのは、今後数年間かもしれません。

1つ確かなことは、現在のGBPのボラティリティは騒乱を引き起こしており、これはビットコインが評判の良い価値の貯蔵物になるという目標を達成するために、まだどれだけの道のりがあるかを正確に示していることです。

eToro

今日eToroでBTCを購入する

Bitstamp

Bitstampは法定通貨または人気のある暗号通貨での取引を提供している主要な暗号通貨取引所です。 Bitstampは完全に規制された会社でありユーザーに直感的なインターフェイス、デジタルアセットの高度なセキュリティ、優れたカスタマーサポート、複数の引き出し方法などを提供しています。

今日BitstampでBTCを購入する