ホームニュース英国がステーブルコインを決済手段として認定へ、英国王立造幣局がNFTを公開

英国がステーブルコインを決済手段として認定へ、英国王立造幣局がNFTを公開

英国政府は、ステーブルコインの規制を開始する計画を発表し、国内で認められている支払い方法として使用できるようになりました。これは、国を暗号資産技術と投資のグローバルハブに変えるための一連の措置の一部です。

その他の施策としては、英国王立造幣局とのNFTに関する協力、企業のイノベーションを支援する「金融市場インフラのSandbox」の法制化、FCA主導の「クリプトスプリント」、業界とより密接に協力するためのエンゲージメント・グループの設置などがあります。

英国の金融サービスは最先端であり続ける

これらの施策は、雇用と投資を誘致し、消費者に多くの選択肢を与えることを目的としています。また、英国の税制をより競争力のあるものにするための方法を模索することも含まれています。これにより、暗号資産市場のさらなる発展が期待されます。

Rishi Sunak大臣は、次のようにコメントしています。

「英国を暗号資産技術の世界的なハブにすることが私の野望です。本日まとめた施策は、企業がこの国で投資、イノベーション、スケールアップを行えるようにするための一助となるでしょう。私たちは、明日のビジネス、そしてそれが生み出す雇用が、ここ英国で生まれることを望んでいます。効果的な規制を行うことで、企業が長期的に考え、投資するために必要な自信を与えることができるのです。これは、英国の金融サービス産業が常にテクノロジーとイノベーションの最前線にいることを保証するための計画の一部です。」

ステーブルコインの発行者の運営と投資を可能に

政府はステーブルコインを支払い規制の範囲内に持ち込み、トークン発行者とサービスプロバイダーが英国で働き投資できるようにします。

また、暗号資産の保有者が利益のためにこれらを貸し出すDeFiローンを見直す計画も発表されました。これらのローンは、税制上の特別な扱いを受けることになります。

さらに、政府は投資マネージャーエグゼンプションの範囲を暗号資産を含むように拡大するための措置を講じる予定です。Sunak大臣は今夏、王立造幣局に「Non-Fungible Token」の作成を委託する予定です。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。