Metacade(MCADE)はDecentraland(MANA)など他のメタバースプロジェクトと何が違うのか?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Metacade(MCADE)はDecentraland(MANA)など他のメタバースプロジェクトと何が違うのか?

By Alice Davies - 分読み (ショート)

Metacade(MCADE)はDecentraland(MANA)を含む多くの既存のメタバースプロジェクトに対抗する、新進気鋭のWeb3ゲームエコシステムです。

複数のメタバースが注目を集めようと競争しているため、どれが本当に際立っているのかを特定するのに時間がかかることがあります。しかしMetacadeのような特定のプロジェクトは、それに向けて大きく前進しています。

MetacadeはゲーマーにWeb3へのアクセスを提供する上で重要な役割を果たす可能性があり、Decentralandのようなメタバースプロジェクトが提供するものとは異なります。

Decentralandのメタバース探訪

Decentralandはイーサリアムを利用した仮想現実プラットフォームで、土地を購入するとその土地を横断したり、建物を建てたり、お金を稼いだりすることができます。Decentralandの空間はLAND NFTsというデジタル資産でできておりこれは交換や複製ができません。

自分のLANDでゲームやアプリ、ギャンブルのプラットフォーム、さらには立体的なシーンをデザインすることができます。また教育や観光などの分野でもLANDを利用したサービスを展開することができます。LANDの各区画は33×33フィートですが、高さの制限はありません。またDecentralandはLANDエステートも作っており、土地のプロットをつなげることでより簡単に自分の財産を管理することができるようになっています。

これは基本的にDecentralandのメタバースプロジェクトの核となるものです。これは不動産を購入しその上に建物を建てるという不動産ベースのシステムで、バーチャルな環境での不動産です。

仮想不動産プラットフォームの問題点

仮想不動産プラットフォームの問題点は、マネタイズ専用に作られていることです。ある区画の仮想土地(特定のブロックチェーンに結びついたNFTである)は、裕福な不動産会社によって何百万ドルという金額で購入されています。Decentraland内のある仮想の土地は240万ドルで売却されましたが、これはかなり大きな数字です。しかしこうした購入が実際の本質的な価値に結びついているという証拠はほとんどありません。

ほとんどのオーナーは、これらのメタバースプロジェクトで収益化することを計画していますが、そうする方法についての価値あるアイデアをあまり提供しません。マクドナルドやコカコーラの看板で埋め尽くされたメタバースを見ることになりそうですが、正直なところ、誰がそんなことを望んでいるのでしょうか?広告はマーケティングにおいて重要な要素ですが、それが唯一のユースケースであったり、投資の主要な理由であったりすることはあり得ません。

メタバースプロジェクトは、公正な方法でネットワーク参加者に還元することを目指すべきであり報酬メカニズムを内蔵する必要があります。そうでなければ成長は人工的であり、メタバースプロジェクトが長期に渡って持続する見込みは乏しいでしょう。

Metacadeメタバースプロジェクト:他との差別化

Metacadeは、さまざまな点で競合他社と一線を画しています。ひとつは単に土地を提供しているわけではないことです。つまり、ユーザーが多くのゲームから1つを選んでプレイし、プレイすることで収入を得ることができるオンラインアーケードなのです。

また、単にモノを買うだけでなくエコシステムを構築しています。Web3ゲーマーが互いにつながり、ゲームをし、トークンを賭け、仮想の土地を「ひっくり返す」ことなく収入を得ることができる場所なのです。Metacadeではゲーム関連の求人情報のほか、ベータテストの機会やソーシャル機能を提供する予定です。

Metacadeは、収益を上げるための多くの方法を提供していますが、それらはすべて活動に関連しているために有機的な収益となります。コミュニティのメンバーはアイデアの共有からレビューの投稿から新しいゲームのテストまで、その貢献に応じて報酬を得ることができます。単に土地を購入し、その価値が上がるのを待つだけではありません。Web3ゲーマーのための活気ある総合的なエコシステムを目指しているのです。

このゲームプラットフォームは、将来的にDAO(分散型自律組織)に移行し、意思決定が民主的に行われ、ゲームコミュニティが自分たちの望む方法でMetacadeを形成できるようにする予定です。

Metacadeメタバース: 多くの点で異なる

Decentralandは単一のゲームですが、Metacadeは無数の異なるゲームを提供し、継続的に追加していく予定です。

Metacadeは参加者が仕事を見つけネットワークを作ってコミュニケーションをとり、新しいプロジェクトに投資できるゲームのエコシステムである一方で、Decentralandは仮想の土地開発に焦点を当てたものです。簡単に言えばMetacadeは成長の可能性が尽きないゲームエコシステム全体であり、Decentralandは仮想土地開発のためのゲームに過ぎないのです。

現在、大半のメタバースは価格が高く少し飽和状態にあります。Axie Infinity、Decentraland、Sandboxは裕福な個人や組織がNFTを購入する場所であるように見えますが、それ以外にはほとんど提供されていないのです。

一方でMetacadeはWeb3ゲーマーに様々な形で還元しています。このプラットフォームではコミュニティと関わりトークンを賭けるだけで簡単に報酬を得ることができます。このプラットフォームはゲーマーによって、ゲーマーのために構築され、最終的にはゲーマーによって管理されることになるのです。Metacadeはコミュニティに対して本当に献身的です。

Metacadeはまたプレセールの段階であり、まだ始まったばかりであることから上値の改善を示す可能性があるという点でも、他社と一線を画しています。現在125MCADEを1ドル(1トークンあたり0.008ドル)で提供しています。プリセールの最終段階までにはこの価格は1トークンあたり0.02ドル以上と2倍以上に上昇する予定です。

Web3のための包括的なゲーム・エコシステムを提供し、早期に参入する機会を提供することで、Metacadeは重大な価値提案として提示します。これまでのメタバースプロジェクトよりもはるかに多くのものを提供し、次世代のP2Eに大きな影響を与える可能性があるため、チェックする価値は十分にあると思います。

Metacadeのプレセールにはこちらから参加できます。