ホームニュースRadio Caca(RACA)の価格が日曜日に20%も急騰し、その後引き下がったのはなぜか?

Radio Caca(RACA)の価格が日曜日に20%も急騰し、その後引き下がったのはなぜか?

RACAトークンは、日曜日の早朝に0.0018ドルから0.0021ドルへと20%上昇しました。その後、下落に転じ、本稿執筆時点では0.001831ドルで取引されており、過去24時間で7.27%の下落となっています。

過去30日間で約39.7%価格が上昇したにもかかわらず、このコインは日曜日を唯一の例外として、ここ最近下がり続けています。一般的に、RACAの価格は過去7日間で17.9%下落しました。

しかし、なぜRACAは急騰し、その後数時間で後退したのでしょうか?この記事では、このすべてを明らかにします。詳細については、以下をご覧ください。

Radio Caca(RACA)の価格変動

RACAの価格変動について深く掘り下げる前に、まずそれが何であるかを理解しましょう。

Radio Cacaは、はUniversal Metaverse(USM)のネイティブトークンで、「Maye Musk Mystery Box」NFTの独占管理者でもあります。

USMはUSM Labによって作られた3D Planetの仮想世界で、ユーザーは土地を所有し、店やアートギャラリーなどの建物を建てたり、ゲームを作ったりして遊ぶことができます。

では、なぜこのコインが現在の下落の前に急騰したのでしょうか?

日曜日にRACAの価格が急上昇した主な理由は3つあり、それらは主要な暗号取引所とサービスプロバイダーへの上場、ラジオカカのNowPaymentの開始、Binance上場の噂です。

Binance上場の噂

Binanceが取引所とソーシャルメディアの公式ウェブサイトでユーザーがRACAを購入する方法に関するガイドを投稿した後、噂が広まり始め、トークンの価格が上昇しただけでなく、暗号の検索数も増加しました。

RACAは、GTMやApeCoinと並んでトレンド検索で取り上げられた後、その日に最も取引された通貨の2位に登場しました。

しかし、Binanceは、暗号の愛好家が他の暗号で前に起こったようにRACAがすぐにリストされると楽観的であることに加えて、そのポストでトークンがまだそのプラットフォームで利用できないことを強調しました。

主要な暗号取引所およびサービスプロバイダーへのRACA上場の発表

先週、主要なサービスプロバイダーと暗号交換所は、そのエコシステムの驚異的な成長を描いたRACAをリストすることを発表しました。これらの企業には、Bybit、Huobi、Phemex、ChangeNowなどがあります。

NowPaymentの発表

Radio Cacaの高騰のもう一つの理由と偉業は、RUB、EUR、TRY、UAH、USD、GRBなど様々なフィアットペアでそのトークンを売買することを発表したことです。

ベアーズが優勢だが、ブルーズも健在

先月、Radio Cacaのメタバース技術チームからWeb 3.0インフラに関連するいくつかの発表があり、月末にかけて急激に価格が上昇しました。

これらの発表の中には、香港大学、ケンブリッジ大学、イスタンブール工科大学、プリンストンブロックチェーン協会など、世界最大の大学との提携も含まれています。

Investors Oberverのアナリストは次のように書いています。

「Radio Cacaは、30日間の安値0.001136761ドルより0.000691ドル(60.81%)高い一方、過去1ヶ月の取引での高値0.00272524ドルより-0.000897(-32.92%)低くなっています。一方、RACAの現在の価格0.001828055ドルは、過去1ヶ月の取引で設定された平均価格0.001697834ドルを上回っており、強い短期テクニカルスコアが得られています。つまり、Radio Cacaの最近の取引履歴は、トレーダーが現在このトークンに対して強気であることを示唆しています。」

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。