ホームYearn.finance
Yearn Finance logo
Yearn Finance および eToro

Yearn.finance とは、そしてどのように機能するのか?

Yearn Finance logo
Yearn Finance (YFI)
...
24変化
...
7日間変化
...
時価総額
...
著者: Hassan Maishera 更新: Apr 12, 2022

暗号通貨業界の最大の側面の1つが分散型ファイナンス(DeFi)です。分散型金融によって、人々が伝統的な金融機関によって主に提供されている金融サービスを楽しむことを可能にしました。

究極の目的は、従来の金融システムのマイナス面なしに世界の様々な地域の人々に金融サービスを提供することです。

yearn.financeは世界をリードするDeFiプラットフォームの1つであり、Ethereumネットワーク上での貸付集約、保険、利回りの生成を提供します。また、ネットワークのネイティブトークンはYFIとして知られています。

なぜyearn.financeが発明されたのですか?

yearn.financeは人々が暗号通貨から利益を得ることができるように設計された主要なDeFiプロトコルです。これは、保有者が貸付および取引サービスを介して暗号通貨の収益を最適化できるようにする一連のDeFiプロトコルです。

yearn.financeは他のいくつかのDeFiプロトコルと同様に、従来の金融システムの欠陥を認識してそれらを排除しようとしました。deFiプラットフォームとしてyearn.financeは人々に金融サービスを提供しますが、銀行やその他の金融機関などの仲介業者の必要性を排除しました。

yearn.financeの主な目標は、DeFiスペース全体にシンプルで直感的なインターフェイスを作成する製品を提供することです。YFIトークンはYearn.Financeプラットフォームのネイティブコインであり、YFIはDeFiプラットフォームのガバナンストークンです。現在のYFIトークンの総供給量は36,666で全て発行されています。

ただしコミュニティがガバナンス委員会によって合意された場合には、変更によってより多くのYFIトークンが作成される可能性があると述べています。YFIトークンの不足こそがその価格が非常に高い理由の1つであり、各YFIトークンは現在24,345ドルを超えて取引されています。現時点でYFIよりも高い取引価格を持っている数少ないコインの1つにBitcoinがあります。

Yearn.finance に投資する準備は出来ましたか?

yearn.financeはどのように機能し、その背後にはどのようなテクノロジーがありますか?

yearn.financeは世界をリードするDeFiプラットフォームの1つです。その他にも以下に説明する4つの主要な製品があります。

ボールト

ボールトは市場で利用可能な機会に基づいて投資家に利益をもたらす、yearn.financeプラットフォームのステーキングプールです。ユーザーはガスコストのクラウドソーシング、ニーズに応じた資本の自動シフト、歩留まりの生成とリバランス手順の自動化などのプロセスのおかげでボールトのメリットを享受できます。基本的にボールトは、様々なDeFiプロジェクトから最高のリターンを生み出すために慎重に開発された投資戦略のコレクションです。

アーン 

これはyearn.financeによって発売された最初の製品でした。アーンはyearn.financeの貸付アグリゲーターであり、ここでの資金はdYdX、AAVE、Compoundなどの他のDeFiプロトコル間で移動されます。プロトコル間で金利が変化するとシフトは自動的に行われ、これはユーザーが常に料金を最大限に活用できるようにするためです。基本的にアーンはyearn.finance製品であり、ユーザーが資産を貸し出すときに獲得できる最高の金利を特定できるようにします。

ザップ

ザップ製品を使用すると、yearn.financeの保有者はCurveDAOプラットフォームの流動性プールをスワップインおよびスワップアウトできます。これはUSDT、USDC、DAI、BUSD、TUSDなどのステーブルコインを使用して行うことができ、ザップ製品は基本的にワンクリックで複数の取引をバンドルしてユーザーのコストと労力を節約します。

カバー

これはyearn.financeの保険商品であり、経済的損失が発生した場合に補償を得ることができます。保険の適用範囲は、Ethereumネットワーク上のさまざまなスマートコントラクトとプロトコルに適用されます。

yearn.financeプラットフォームで人気のあるもう1つの製品はAPYです。これは、DeFiスペースのさまざまな貸付プロトコルの金利を示すデータテーブルです。

yearn.financeのルールによると、所有者が獲得するYFIトークンの量は通常、バランサーおよびカーブDeFi取引プラットフォームで動作するスマートコントラクトにロックされたコインの量によって決定されます。

yearn.financeはリアルマネーですか?

YFIトークンは「リアルマネー」とは言えません。YFIトークンは、yearn.financeDeFiエコシステム内のガバナンスに使用されており、トークン所有者はプロトコル内の変更を決定できます。また、保有者はyearn.financeプラットフォーム内でそれを賭けたり他の人に貸したりすることで利益を得ることができるため投資コインと見なすこともできます。

リアルマネーとして役立つ可能性のある暗号通貨についての議論がある場合は、ステーブルコインがおそらく主導権を握る可能性があります。これはステーブルコインの価値が1:1の比率で法定通貨に関連付けられているためです。例えば1USDTの値は1米ドルと同じであり、それらの値は安定しており暗号通貨市場のボラティリティの影響を受けないためにステーブルコインはお金と見なすことができます。

また、交換の媒体となる目的で作成された他の暗号通貨もあります。ビットコイン、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、DASHなどは暗号空間内のお金と見なすことができる主要な暗号通貨の一部ですが、それらの不安定な価格は法定紙幣の代替として使用する前に克服する必要がある問題です。

yearn.financeの料金と費用

yearn.financeは様々な製品をユーザーに提供する主要なDeFiプロトコルです。これはプラットフォームとそのYFIトークンを使用する際に様々な料金と費用がかかることを意味しており、 yearn.financeボールトバージョン1には0.5%の引き出し手数料、5%の成功報酬があって管理手数料はありません。バージョン2の場合の撤退手数料はかかりませんが、成功報酬は20%で管理報酬は2%です。獲得商品の利率は、ポイントごとに異なるため、あなたが貸し手としてあなたのために最高の金利をチェックすることを確認してください。

これらに加えて、暗号通貨取引所や他の取引プラットフォームからYFIトークンを購入するときには取引手数料を支払う必要があります。入金、取引、引き出しの手数料は取引所ごとに異なるので、YFIトークンを購入する前にはプラットフォームが運営する取引手数料を適切に確認してください。

yearn.financeのメリットは何ですか?

世界でトップのDeFi貸付プロトコルの1つとして、yearn.financeはユーザーに幅広いメリットを提供します。それらには以下が含まれます。

複数の収入の流れ

yearn.financeプラットフォームの主な利点の1つは、ユーザーに複数の収入源を提供することです。DeFiプラットフォームで利用可能な4つの主要な製品によってユーザーはステーキング、貸付、投資を通じて追加の収入を得ることができます。Vault、Earn、Insurance、Zapは全てユーザーが暗号通貨の保有で利益を得るのに役立つように設計されています。

従来のシステム以外の金融サービスの貸し出し

暗号通貨保有者は投資によってお金を稼ぐことができますが、人々や組織はローンにアクセスできます。従来の金融システムとは異なり、yearn.financeの貸付プロセスは実際には他のDeFi貸付プロトコルには仲介者がありません。これによって、人々はそのようなサービスに簡単にアクセスできるようになります。

簡単にアクセス可能

yearn.financeプラットフォームは貸し手と借り手の両方が簡単にアクセスできます。これは分散型プラットフォームであるため、従来の財務における管理上のボトルネックはユーザーにとって困難なものにはなりません。

YFI保有者向けのガバナンスオプション

YFIトークンの所有者は、yearn.financeDeFiプロトコルの機能にも参加できます。トークン所有者はコミュニティ内のいくつかの重要なプロジェクトの変更を決定することができ、したがって彼らに前向きな変化を実行する力を与えます。

yearn.financeを匿名で使用できますか?

匿名性は少数の暗号通貨だけが手に入れることができる贅沢です。プライバシーに焦点を当てたコインとトークンは匿名になるように設計されていますが、YFIトークンはプライバシーに重点を置いたトークンではありません。これはyearn.financeプラットフォームのガバナンストークンです。

さらに、暗号通貨のネガティブな使用を排除するために取引プラットフォームによるKnow Your Customer(KYC)およびAnti Money Laundering(AML)ポリシーの実装のおかげで暗号取引を匿名にすることがより困難になりました。

yearn.financeはどれほど安全ですか?

yearn.financeは他のいくつかのDeFiプロトコルと同様に、以前にハッキングを経験したことがあります。このプロトコルは今年初めに悪用されて1100万ドルの損失をもたらしました。 yearn.financeのDAIVaultが悪用されると、270万ドルと流動性プール料金とステーカー料金から約700万ドルが奪われていきました。

ただし、YFIトークンは暗号空間で最も安全なネットワークの1つであるEthereumブロックチェーンでホストされます。投資家として、YFIトークンのセキュリティがあなたの唯一の責任であることを確認する必要があります。最大限の安全性を確保するために、YFIトークンを冷蔵ウォレットに保管してください。 2FAなどのセキュリティ機能をウォレットに追加することもできます。

yearn.finance開発に取り組んでいるチーム

yearn.financeはAndre Cronjeによって開発されました。それが開発されて以来のプロトコルは多くの独立した開発者によって維持されてきました。ガバナンスがYFIトークン所有者によって処理されている間も開発者はプロトコルに貢献しており、DeFiプラットフォームの開発を担当する特定のチームはありません。

yearn.financeに投資している金融機関はどれですか?

現在、yearn.financeエコシステムを保有している主要な金融機関はありません。DeFiセクターはまだ初期段階にあり、金融機関はそれがどのように機能するかわからない可能性があります。さらにyearn.financeのようなDeFiプラットフォームは同様のサービスを提供し、これらの従来の金融機関の一部と直接競合するためこれらのタイプのプロジェクトへの投資は複雑になります。

yearn.financeマイニング

yearn.financeプロトコルにはマイニングは含まれていません。これはYFIトークンがERC-20トークンであり、独自のブロックチェーンがないためマイニングができないためです。YFIの総供給量は現在38,666ですが、ガバナンス契約に基づいてさらに多くのトークンを作成できます。YFIはブローカー/取引所プラットフォームから購入することで取得できます。

yearn.financeウォレット

YFIは世界でトップのDeFiトークンの1つであり、時価総額で最も価値のある100の暗号通貨の1つでもあります。そのため、コールドストレージとホットウォレットの両方を含む幅広いウォレットでサポートされています。YFIトークンをサポートするウォレットには次のものがあります。

  • Ledger Nano X(コールドストレージウォレット)

  • Ledger Nano S(コールドストレージウォレット)

  • Trezor(コールドストレージウォレット)

  • KeepKey(コールドストレージウォレット)

  • My Ether Wallet

  • MetaMask

  • Atomic Wallet

  • Trust Wallet

  • Coinomi

これらのウォレットのいずれかを使用して、YFIトークンを保存できます。ただしYFIトークンのセキュリティを最大限に確保するために、2FAなどの追加のセキュリティプロトコルを実装することをお勧めします。

yearn.financeは投資する価値がありますか?

YFIトークンに興味がある場合は、プロジェクトに関する調査を実施してそれが価値のある投資であるかどうかを判断する必要があります。そのためには、yearn.financeプロジェクトとその機能を調査して将来の見通しを評価する必要があります。プロジェクトに関する十分な情報が得られたら、情報に基づいた客観的な分析を行いプロジェクトに投資するかどうかを決定できます。しかしDeFiスペースはまだ初期段階にあり、今後数年間で大幅な成長を遂げる可能性があります。

私たちは常に暗号通貨の投資家に彼らが失うことに耐えることができる金額だけを投資することをお勧めします。DeFi市場は不安定であり、投資家にとっては多くの不確実性があります。

よくあるご質問

  1. Yearn.Financeは暗号通貨の世界で最小のトークンサプライの1つを持っているため非常に高価です。存在するYFIトークンは38,666しかないため、プラットフォームの大規模な採用を考慮すると価格が高くなるのは当然のことです。

  2. YFIは人気のあるトークンであり、多数の暗号取引プラットフォームで購入できます。その人気によってYFIは多数の暗号交換、仲介プラットフォーム、P2P取引所で購入できます。規制された暗号通貨取引プラットフォームからYFIトークンを購入することをお勧めします。

  3. いくつかのウォレットと取引所にはモバイルアプリがあり、そこからYFIトークンに簡単にアクセスできます。
  4. yearn.financeの合法性は、DeFiセクターを管理する法律またはお住まいの国の暗号通貨法によって異なります。暗号通貨とDeFiトークンの地域の規制を試してみてください。
  5. yearn.financeやその他のDeFiプロトコルが従来の金融システムに挑戦できるかどうかを言うのは時期尚早です。 DeFiは従来の金融サービスに代わるものを提供していますが、大規模な採用には何年もかかる可能性があります。
  6. はい。他のDeFiプロトコルと同様に、yearn.financeはエクスプロイトや攻撃を受けやすい傾向があります。このプロトコルは今年のエクスプロイトで1,100万ドルを失いました。ただしDeFiセクターはまだ初期段階であり、これらのプロトコルは今後数か月から数年にわたってセキュリティを向上させるために機能する可能性があります。

  7. yearn.financeのAPYは年利を表しており、指定された金額の資本に対して毎年獲得できると期待できる利息の見積もりをユーザーに提供します。

  8. yearn.financeは、DeFiへの投資を誰にとっても非常に簡単にすることを目的としているための独自のプロトコルです。カスタムビルドのツールを活用してAave、Compound、Curveなどの様々なDeFiプロトコルのアグリゲーターとして機能します。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。