FTX危機の中、投資できる5つのFTX代替案

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

FTX危機の中、投資できる5つのFTX代替案

By Charles Thuo - 分読み (ショート)

かつての暗号通貨取引所大手FTXは、現在の流動性逼迫と金融不安を受けて、先行き不透明な状況に直面しています。BinanceがFTXを買収するための拘束力のない合意から手を引いたことで、状況はエスカレートしています。

この動きに詳しい情報筋によると、BinanceはFTXの財務帳簿を調べた後、買収の意向を撤回したと報告されています。

現在進行中のFTXの危機により、取引所が完全に崩壊した場合に、何千人もの顧客が資金が取引所に固定されるのを避けようと、取引所から資金を引き揚げるよう迫られています。しかし、FTXを手放した後はどれを検討すれば良いのでしょうか?

FTXの代替にベストなのは?

投資家が投資できるFTXの代替取引所トップ5をご紹介します。

1. eToro

eToroは、イスラエルのソーシャルトレーディングおよびマルチアセット投資会社で、金融およびコピートレーディングサービスの提供に重点を置いています。本社はイスラエル中部にあり、キプロス、英国、米国、オーストラリアにも登録事務所があります。eToro Cryptoは、暗号取引プラットフォーム、ウォレット、取引所をすべて1つにまとめ、規制対象のフィンテック・リーダーのセキュリティにより、暗号投資家が信頼できるプラットフォームの1つとなっています。

2. Binance

Binanceは2019年にFTXに戦略的投資を行っていました。ここ数日はFTXの危機に潤色され、その後取引から手を引いたものの、ある時点ではFTXを買収することを提案しました。Binance自体は、取引量によって最大の暗号通貨取引所を運営しており、投資家にとって最良の選択肢の1つとなっています。

 3. Coinbase

Coinbaseはビットコイン、イーサリアム、Dogecoinを含む170以上の暗号通貨の売買や交換を可能にする暗号通貨取引および投資プラットフォームを提供しています。これは最大の米国ベースの暗号交換であり、ナスダック取引所に直接上場した後、昨年最初の上場暗号交換となりました。複数の暗号通貨の取引や保管に関心のあるアクティブなトレーダーにとって良い選択肢となるでしょう。

 4. Gemini

Geminiはニューヨークを拠点とし、米国のすべての州で利用できる規制された暗号通貨取引所です。業界をリードするセキュリティ機能、独自のホットウォレット、初心者に優しいプラットフォーム、強固な教育リソース、包括的なサポートセンターにより、Geminiは初心者と経験豊富なトレーダーの両方にとって良い選択となり得ます。

5. Kraken

Krakenは、2011年に設立された米国を拠点とする暗号通貨取引所および銀行です。2020年9月、Krakenはワイオミング州で特別目的預託機関(SPDI)の認可を受け、米国で認可を保有する最初の暗号取引所となりました。また、Bloomberg Terminalに掲載された最初のビットコイン取引所の1つであり、2022年夏半ばには108億米ドルと評価されました。この取引所はかなり確立されているため、投資家にとって良い選択肢となります。