FTXの崩壊後、ビットコインは市場全体の取引所から流出

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

FTXの崩壊後、ビットコインは市場全体の取引所から流出

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

この1週間の出来事は、ビットコインにとって絶対的に不利なものでした。

FTXの破綻は、2014年のMt Goxの消滅以来、暗号空間における中央集権的企業の最も衝撃的な倒産であると言えます。FTXに資金を巻き込まれた不幸な人々にとって、Mt Goxは、取引所の閉鎖から8年経った今でも、顧客は1セントも見ていないという、気の遠くなるような比較対象として映し出されています。

破産手続きは長引くもので、いずれにしても顧客が小銭を手に入れるだけで終わる可能性が高いです。FTXのバランスシートに80億ドルの穴が開いているという現実は、いつまでたっても消えないのです。

コールドストレージが唯一の安全策

これらの出来事は、暗号通貨に内在する危険性をこれ以上ないほど思い知らされました。暗号空間には救済措置はないのです。つまり、保険や準備金、その他の厳しい規制でカバーされる銀行ではないということです。

現実には、取引所が顧客の預金をどう扱っているかを知ることはほとんど不可能です。AlamedaとFTXの絡まったウェブに巻き込まれたすべての資金に何が起こったのか、手遅れになるまで、私たちはおそらくすぐに知ることになるでしょう。

暗号資産を100%安全に保管する方法はただ一つ、コールドストレージです。資産をオフラインにすることで、カウンターパーティーリスクがゼロになり、保有者は他の個人、当事者、仲介者を信用する必要がなくなります。いわば、マットレスの下に金の延べ棒を詰め込んでいるようなものです。

取引所から資金が流出、コールドストレージへ

オンチェーン分析会社 Glassnode のデータを見ると、この 1 週間のビットコインの流れは、市場がどれだけ動揺しているかを示しています。人々は、コールドストレージが唯一の安全な方法であることを身をもって知っているのです。

実際、取引所ではビットコイン史上最大級の週間流出が発生し、約73,000ビットコインが取引所から流出したところです。

これは、COVIDパンデミックが発生した2020年3月のパニックや、Terra危機をきっかけに市場が暴落し、その網にかかったすべての企業と同じ領域に今週は位置しています。

Ethereumをみても、そのパターンは似ているのです。

Tetherは売られている?

これらの(不幸にも繰り返された)危機をきっかけに追跡するもう一つの興味深い要因は、Tetherです。この物議を醸したステーブルコインは、Terra危機の後、巨大な売り圧力に対応する十分な準備金がないのではと懸念され、95セントまで下落しました。メルトダウン前夜の830億ドルから1ヵ月後には630億ドルまで市場が落ち込んだのです。

今回の反応は、少なくともこれまでのところ、より控えめなものとなっています。Tetherは5月と同じレベルではないものの、売りが出ており、時価総額は698億ドルから663億ドルへと5%減少しています。

ペグは1ドルを維持できなかったですが、5月に見られた95セントまで落ち込むには至りませんでした。今回の底値は0.986ドルで、それも先週の木曜日にごく短時間だけでした。1ドルを取り戻すには至っていませんが、1セント未満の僅かな差であと一歩のところまで来ています。

結論から言うと、今回の危機は市場のセンチメントに明らかな影響を与えました。BinanceのCEOであるCZ氏が、安全性を求めるならコールドストレージに頼るしかないとツイートしていたのは注目に値します。

市場は耳を傾けているように見えます。それに加えて売りです。暗号は、中央集権的なプレーヤーが不十分なリスク管理、甘さ、無謀なレバレッジを用いたために、またもや破壊的な打撃を受けており、顧客が再び袋叩きにあっているため、どちらの反応も理解できるものです。