ホームニュースソーシャルメディアをWeb3の世界へーCyberConnect CEOインタビュー

ソーシャルメディアをWeb3の世界へーCyberConnect CEOインタビュー

Dan Ashmore

Web3の出現で興味深いのは、ソーシャルメディアです。多くの人が、ソーシャルメディアはWeb3が提供するテクノロジーによって破壊される機が熟していると主張しているにもかかわらず、この分野で大きな印象を与え、市場シェアの圧倒的なスライスを獲得している企業はまだ存在しないのです。

ソーシャルメディアプラットフォームは、何が言論の自由を構成するのか、中央集権的な企業はどのような力を持っているのか、という論争に直面している現代において、この問題はより切迫したものになってきています。億万長者たちが、著名なソーシャルメディアサイトを私物化するための入札を開始したことは言うまでもありません。

私は、CyberConnectの共同設立者兼CEOであるWilson Wei氏に、同社の最初の製品であるLink3の発売後にインタビューを行い、この分野に関する洞察を得ることができました。

Link3は、検証可能なアイデンティティのソーシャルネットワークとして、オンチェーンデータとオフチェーンデータの両方を利用して検証可能な情報を提供する予定です。Link3のプロフィールページは、その人の全体的なアイデンティティとしても機能し、サイバーコネクト社は、より信頼性の高いネットワーキングとユーザーや組織間の有意義なつながりを可能にすると主張しています。新しいコンセプトであり、広い市場や社会のソーシャルメディアに対する見方に関して重要な時期に来ているため、興味深いインタビューとなりました。

CoinJournal(CJ):一般の人が従来のソーシャルメディアからこの斬新なブロックチェーンドミサイル版に移住することを説得するという点で、この弱気相場はどの程度ダメージがあると思いますか?心理的に、これから牽引するのは難しくなると思いますか?

Wilson Wei(WW):Web2ユーザーの関心は、市場の影響で確実に低下しています。しかし、Web3 SocialとLink3/CyberConnectのビジョンは、信頼、より意味のあるつながり、そしてユーザーが自分のデータをよりよくコントロールすることを促進する、検証可能で全体的なアイデンティティを持つより良いインターネットを構築することです。

これは、従来のソーシャルメディアにあったものを改善し、以前のWeb2モデルで行き詰まった部分を修正するものです。ブロックチェーンと暗号は、このビジョンを可能にするものであり、重要なツールですが、それ自体が目的ではありません。

誰もがより良いデジタル・ソーシャル体験に値するし、ユーザーは自分の時間と選択でより良いサービスに投票するでしょう。

CJ:Metaのような中央集権的なソーシャルメディア企業の力を抑制する必要があるとお考えですか?

WW:はい。私たちは、ウェブ全体がユーザー中心のモデルであると信じています。中央集権的なソーシャルメディア企業が必然的に悪であるということではなく、ユーザーがどのサービスを使いたいか、デジタル・アイデンティティをどのように利用できるかについて、最終的なコントロールと選択をする存在であるべきなのです。

CJ:この分野には競合他社がいくつかありますが、Link3の特徴は何でしょうか?

WW:Link3は、アイデンティティにさらなる次元をもたらします。(つまり、検証可能で関係性のあるアイデンティティ)Web2では、私たちは人々をフォローし、コンテンツを公開し、あらゆる種類の属性や嗜好を自己申告することによって、公的なペルソナを保持しています。

Link3はこれらに加えて、あなたが誰であるかについて、信頼でき完全な物語を語る新しい次元の配列を持ち込みます。Link3は、プラットフォームに関係なく、人々や組織とのつながりを深め、あなたのステータスや好みを示す資産や資格を検証し、投票や寄付などのオンチェーン活動記録を文脈化し、コミュニティへの関与を証明します。

Link3は、文脈と意味の次元を追加することで、検証可能な信頼性の内的層をもたらします。このようなつながりや記録で構成される関係性のアイデンティティは、有機的で進化し、本物で信頼でき、文脈が豊かで意味のあるもので、ちょうど私たちが社会的存在であり、誰もが重要な関係にあることを望んでいるようなものです。

CJ: Web3のソーシャルネットワークだけでなく、TikTokやFacebookのような従来型の企業についても、将来はどうなるとお考えですか?

WW:ソーシャルネットワークの未来は、ユーザー中心で、自己主権的なものです。ユーザーがウェブの基本的な結節点であり、ユーザーは自分が使いたいサービスやデジタル・アイデンティティの利用方法について、究極のコントロールと選択をする存在であるべきです。

検証可能性と信頼性が重要です。Link3の主要な価値提案として、将来のソーシャルネットワークには信頼の布陣が構築されるべきです。これは、人間社会におけるつながりのポジティブな可能性を十分に引き出し、より良いコラボレーションを可能にするために不可欠なものです。そして、その鍵は、デジタル・アイデンティティのいくつかの重要かつ多様な側面の検証可能性にあると私たちは考えています。ソーシャルネットワークは、オープン、ポータブル、コンポーザブルになるでしょう。

ユーザー中心主義の考え方と同様に、より良いソーシャルネットワークの新しいビジョンは、ユーザーやユーザーデータを個々のプラットフォームの壁の中に閉じ込めるものであってはなりません。ユーザーは、自分のつながりや興味、その他アイデンティティの一部を形成するすべての有意義なデータを、好みのプラットフォームやサービスに持ち込むことができるようになるはずです。これは、開発者やサービスプロバイダーが、データを基に、よりスムーズで文脈に富んだ体験を提供できるようになることも意味します。

CJ:5月にシリーズA資金調達ラウンドを成功裏に終了されましたね。景気後退が本格化する前に資金調達を終えられて、ほっとされたのではないでしょうか?

WW:私たちは準備をしていましたし、常に不況下での事業展開を確約してきました。ソーシャル、Web3、ブロックチェーンで7年以上の実績を持つシリアルアントレプレナーチームとして、これまでの経験から、景気後退期に構築し続けることが重要であることを学びました。

課題はありますが、弱気相場は私たちが構築、出荷、価値の創造に集中するための絶好の機会です。また、市場の誇大広告とともにノイズが減少するため、真に先見性があり価値を創造するプロジェクトが正しく認識されやすくなります。私たちは、素晴らしい支援者の方々の信頼と支援に心から感謝しています。彼らは、Web3に長期的な信念を持ち、ミッションを共有し、我々のチームに絶大な信頼を寄せてくれている、非常に選ばれたパートナーであり、金銭的なものだけでなく、我々が必要とするすべてのサポートを提供してくれています。私たちは、この旅で彼らとともに歩むことができ、祝福され、また十分な能力を備えています。

「ソーシャル」はWeb3の最も重要な部分です。「Web3でみんなをつなぐ」というのは、野心的で挑戦的なミッションです。私たちは、優れた専門知識と経験を持つ素晴らしいチームを作りました。素晴らしい投資家の方々のサポートにより、私たちは、潜在的な冬の間も、長期的な価値を構築し、創造していく準備が整っているのです。

CJ:採用を後押しする最善の方法は何でしょうか?現在のソーシャルメディアインフルエンサーをWeb3に誘致して、このプラットフォームを普及させることは検討されていますか?

WW:まずはWeb3ネイティブユーザーを対象とし、その後Web2ユーザーにも拡大する予定です。第一段階として、現在のWeb3ユーザーの住所関連データを活用し、検証可能で全体的なアイデンティティの信頼できるネットワークを構築しています。

特に、Web3 の専門家や組織をまずターゲットとし、現在蔓延しているスパムボットの問題を解決することを目指します。成長戦略としては、採用を促進するための主要なユースケースを紹介し、そのような機能に関するキャンペーンを計画していきます。Link3は、ユーザーにとっては、自分のプロフィールを特別にデザインされた名刺として共有し、自分が何者かを素早くアピールすることができます。プロフィールを使って応募プロセスを効率化し、価値ある特性、背景、能力を持つ人だけを招待してDMをゲートし、コミュニティ内の有意義なつながりに投票を委任することができます。

組織では、Link3 を、フォロワーがプロジェクトに関するすべてを一箇所で発見できるオールインワン・リンクとして利用できます。組織は、Web3ネイティブのコミュニティを構築し、トークンゲートイベントやエアドロップなどを通じて、彼らとのエンゲージメントの可能性を引き出すことができます。