ホームニュースCoinDCXが暗号とWeb3の成長に向けて1億3500万ドルの資金調達を実施

CoinDCXが暗号とWeb3の成長に向けて1億3500万ドルの資金調達を実施

CoinDCXのCEOであるSumitGuptaは、暗号通貨取引所がこの資金を使用して、インドでの暗号の採用とWeb3プロジェクトをサポートすると述べました

最大の暗号通貨取引所の1つであるCoinDCXは、同社のCEOであるSumit Gupta氏が共有した詳細によると、1億3500万ドルのシリーズD資金調達ラウンドを発表しました。

CoinDCXが最新のシリーズD資金調達ラウンドで1億3500万米ドル以上を調達したことをお伝えできることに興奮しています。すべてのインド人が暗号にアクセスできるようにするという我々の夢にまた一歩近づきました。」とGupta氏は火曜日にツイートした。

この資金調達ラウンドは、Pantera CapitalとSteadview Capitalが主導し、このラウンドに参加した他の人々は、Kingsway、Draper Dragon、Kindred、Republicです。

CoinDCXのシリーズD資金調達は、既存の投資家であるB Capital Group、Coinbase、Polychain Capital、Cadenzaからのさらなる投資も呼び込みました。

この投資ラウンドは、インドに拠点を置く暗号取引所の評価額を21億5000万ドルに押し上げました。同社は昨年8月のシリーズCの資金調達時に11億ドルで評価され、インド初の暗号ユニコーンになった。この取引所は現在、2億4500万ドル以上を調達しています。

インドでのWeb3の成長

この暗号スタートアップの資金調達ラウンドと暗号導入およびWeb3にまつわる計画は、インドの税制が施行されたわずか2週間後に行われました。30%のキャピタルゲイン税が4月1日に施行され、税制の様々な側面が業界を後退させる可能性があると批判されました。

CoinDCXは、Web3だけでなく、暗号セクター内の成長もサポートしたいと考えています。

私たちは、規制当局、業界、そしてユーザーの間でより大きな理解と信頼を築くことを使命としています。この最新の資金調達ラウンドは、インドにおける暗号採用の成長を加速させ、Web3.0の行進をさらに進めるのに役立つでしょう。」と指摘しました。

これらの目標を達成するために、CoinDCXはインドの投資家のためのブロックチェーンの認識と教育プログラムを通じて、さらに大きな影響を与えることを計画しています。

また、同取引所は、ユーザーに安全な取引プラットフォームを提供することを目指し、リスク管理のために資金を使用する予定です。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。