Ethereum vs. Ethereum Classic?Metacade (MCADE) は良い暗号投資となる可能性

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Ethereum vs. Ethereum Classic?Metacade (MCADE) は良い暗号投資となる可能性

By Alice Davies - 分読み (ショート)

EthereumとEthereum Classicは、暗号空間で最もよく知られたプロジェクトのうちの2つです。しかし、もしあなたが「EthereumとEthereum Classicに投資すべきか」と考えているのなら、完全に考え直した方がいいかもしれません。現在、最も急速に成長している産業の1つを支配する勢いの新しいプロジェクトMetacadeは、ETHやETCよりもはるかに優れた暗号投資の選択肢になる可能性が非常に高いと見られています。

今回は、EthereumとEthereum Classicを再検討すべき理由と、プレセール中のMetacadeへの投資を考え始めた方が良い理由を見ていきたいと思います。

Ethereum(ETH)合併後に下落、厳しい競争に直面

Ethereumは市場で2番目に価値のある暗号トークンであるにもかかわらず、その最新の値動きは、最近の下落傾向の後、投資家を失望させました。8月中旬にEthereumが2030ドルまで上昇した後、ETHは急落して1300ドル台で落ち着きました。

これは、9月15日に行われたEthereumの合併の後、「噂を買ってニュースを売る」ケースもあり、ETHは翌週に-26%以上下落しました。知識の乏しい投資家は、取引速度や手数料が一夜にして突然改善されると思い込んでいましたが、Ethereumの開発者が警告しているように、実際はそうではなかったのです。

Ethereumの合併の恩恵は一般ユーザーにはまだ見えず、PolygonやSolanaのようなプロジェクトはすでにはるかに低い手数料と高速性を提供していますが、Ethereumは1100ドル付近を試すために流出し続ける可能性が高まっているようです。

ETH Classic (ETC) 、成功を収めた兄弟に遅れをとる

Ethereum Classicはコミュニティの一部がEthereumのコアコードを変更しないことを選択した後に作成された、Ethereumのオリジナルバージョンです。両者の主な違いは、Ethereum Classicがプルーフ・オブ・ワークのコンセンサスメカニズムをまだ使用しているのに対し、Ethereumは合併後にプルーフ・オブ・ステークを使用している点です。

Ethereumと同様に、Ethereum Classicもスマートコントラクトを扱えるためdAppsの実行が可能です。しかしState of the dAppsによると、Ethereumが4000以上のdAppsを誇るのに対し、Ethereum Classicはウェブサイトにあるように、わずか45のdAppsの基盤となっています。

Ethereum Classicをスマートコントラクトのプラットフォームとしてではなく、固定供給であることから価値貯蔵として見る向きもありますが、ビットコインが正確に同じ目的を果たすときにEthereum Classicが実際に投資家にどんな価値を提供するのかを見出すのは難しいでしょう。

Metacade(MCADE)とは?

Metacadeは、GameFiのワンストップソリューションを目指すプラットフォームです。ゲーマーがつながって最新のプレイ・トゥ・アーンゲームをプレイし、活発なコミュニティの中で好きなことをして収入を増やすことができる場所なのです。

Metacadeがあなたのベストな暗号投資となり得る理由を理解するためには、そもそもなぜGameFiへの投資を検討すべきかを理解することが重要です。

GameFiは、従来のゲームでは不可能であったプレイ中に収入を得る機会をプレイヤーに提供します。

従来のゲーム業界は、実際にゲームをプレイするゲーマーよりも株主の利益にはるかに関心があることを示し、多くのタイトルがペイ・トゥ・ウィンやマイクロトランザクションなどの退屈な要素を備え、プレイヤーから価値を奪い、多くを還元していないように見えます。

Crypto.comによると、GameFiは2025年までに従来のゲームの10倍の速度で拡大すると予想されています。MetacadeがGameFiの中心的なハブとして位置づけられることで、そのユーザーベース、したがってMCADEトークンは、ゲーム革命に参加するために多くのプレーヤーが集まるにつれて、驚きべき速度で成長する可能性があります。

Metacade (MCADE) が優れた暗号投資である理由

Metacadeが特別な存在である理由の一つは、コミュニティを中心としたビジョンです。Metacadeの計画はレビュー、リーダーボード、そして経歴に関係なく誰でもPlay2Earnゲームを始められるような書き込みを見つけることができるプラットフォームを構築することです。また、Metacadeはプレイ・トゥ・アーンゲームをプレイしながら収入を最大化する方法を正確に説明する、最もホットなGameFiアルファのホストとなる予定です。

これらのレビューやベストプラクティスを投稿した人は他の人が成功するのを助ける役割を果たすため、MCADEトークンで報酬を得ることができます。実際、Metacadeはプラットフォーム上で収入を得るための複数の方法を提供しています。定期的な賞金抽選やトーナメント、Metacadeのネイティブテスト環境を使用しながら収入を得るベータテストの機会も用意されています。

2024年、Metacadeは求人版を立ち上げ、Web3イノベーションをリードする企業のカジュアルギグからインターンシップ、サラリーマンポジションまで、さまざまな仕事を見つけることができるようになる予定です。もしあなたがGameFiで生涯のキャリアをスタートさせたいと考えているなら、Metacadeはあなたにぴったりかもしれません。

Metacadeが追加する、最もエキサイティングな機能の1つはMetagrantsです。Metagrantsはゲーマーがプレイしたい次のPlay2Earnタイトルに直接資金を提供することで、10億ドル規模のゲームスタジオから力を取り戻すための方法なのです。

ゲーム開発者は、自分たちが作りたいゲームをMetacadeコミュニティに提案し、コミュニティはどのゲームを作ってほしいか投票します。これらのコンペティションでは何十もの潜在的なゲームが紹介されますが、ゲームの開発を支援する資金を受け取る勝者は1人だけで、Metacadeはこれらのコミュニティが支援するタイトルを仮想アーケードで誰でもプレイできるように提供する予定です。

Ethereum(ETH)Ethereum Classic(ETC)vs Metacade(MCADE)の比較

Ethereumは厳しい競争にさらされ、合併後のETHの需要不足もあり、ベストの暗号投資となるとは考えにくいでしょう。Ethereum Classicについては、純粋な投機資産以外の本当のユースケースを見出すのは難しいです。両トークンともそれぞれの長所はありますが、現時点では将来が不透明なようです。

一方でMetacadeは、今後数年で急成長する業界のリーダーとなるべく新たに立ち上げられたプロジェクトです。 ゲームに対するコミュニティ・ファーストのアプローチと多様な収益機会は、ゲーム業界の現状にうんざりしている何千、何十万ものユーザーを魅了することでしょう。Metacadeがそのビジョンを成功させることができれば、すぐに2023年に最もパフォーマンスの高いトークンの1つになる可能性があります。

そして、今ほど買うのに最適なタイミングはありません。Metacadeはまだプレセール第1段階なので、125 MCADEトークンを1ドルで手に入れることができます。プレセールの最終段階である第8段階では、50 MCADEトークンを1ドルで購入できるのみです。 GameFi業界の成長とこの業界のリーダーとしてのMetacadeに乗っかりたいなら、今が一番良いタイミングと言えるでしょう。

Metacadeの先行販売にはこちらから参加できます。