ホームニュースFred Thiel氏:暗号の世界的な普及は続く

Fred Thiel氏:暗号の世界的な普及は続く

暗号通貨の採用は過去数年間で増加しており、専門家はまだ始まったばかりであると信じています。

最近のインタビューで、Marathon DigitalのCEOであるFred Thiel氏は、ビットコインやその他の暗号通貨の採用が今後も増えると確信しているとCoin Deskに語りました。

Thiel氏は、マイアミで開催中のビットコイン2022会議中にこの声明を発表し、Marathon Digital CEOは、ラテンアメリカでの暗号通貨の採用の増加を賞賛しました。

エルサルバドルは、昨年9月にビットコインを法定通貨にした最初の国になりましたが、これについてThiel氏は、ラテンアメリカ、アフリカ、ヨーロッパでの採用が増えていることから、国の良い動きだと語っています。

またThiel氏は、ビットコインの採用は他の暗号通貨よりも速く成長すると付け加えました。彼は次のように述べました。

「ビットコインは依然として主要な暗号通貨であり、高度に規制されているため、ビットコインの採用が拡大するでしょう。ビットコインは商品であり、課税の仕方も、保有方法もわかっています。したがって、ビットコインのさらなる普及につながるものは何でも素晴らしい。」

Thiel氏は、ユースケースの増加により、ラテンアメリカがビットコインの最大の市場の1つになっていると指摘しました。彼は例としてエルサルバドルについて議論し、そのGDPの20%以上が送金によるものでした。

暗号通貨を使えば、従来の金融システムで悩まされていた、世界の他の地域に送金するために巨額の資金を支払う必要がなくなります。それゆえ、このような理由から、ラテンアメリカやアフリカで暗号の導入が進んでいるのです。

さらに、ビットコインをはじめとする暗号通貨は、インフレ率の高い国に住む人々にとって、セーフヘイブンとしての役割を担っています。

ビットコインは依然として世界的に主要な暗号通貨であり、40%以上の市場支配率を誇っています。プレスリリース時点では、ビットコインは43,000ドルの水準を超えて取引されています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。