ホームニュースGucciは5月末までに暗号通貨による支払いを受け入れる予定

Gucciは5月末までに暗号通貨による支払いを受け入れる予定

イタリアのファッションレーベル、Gucciは月末までに暗号通貨を受け入れると発表しました。

111店舗、12種類以上の暗号通貨を扱う

ファッションレーベルは、米国内の5つの店舗で開始します。ニューヨーク、ロサンゼルス、マイアミ、アトランタ、ラスベガスの試験店舗で、最初のGucciアイテムを購入することができます。その後、北米の全111店舗に拡大する予定です。

暗号市場にとって、支払い方法がますます採用されることは良いニュースです。Vogueによると、同店はビットコイン、Bitcoin Cash、Ethereum、Wrapped Bitcoin、Litecoin、Shiba Inu、Dogecoin、米ドルにペッグされた5つのステーブルコインなど12以上の暗号通貨を受け入れる予定だという。しかし、その仕組みはどうなっているのでしょうか。

店舗で暗号による支払いを希望する顧客には、QRコードが記載された電子メールが送られます。これにより、彼らは暗号ウォレットを介して支払うことができます。Vogueによると、従業員は発売に向けて、暗号、NFT、Web3に関するトレーニングや教育まで受けるとのことです。

メタバースのGucci

それもそのはず、Gucciはこうした展開で大忙しなのです。ファッションレーベルは2022年に2つのNFTコレクションを発表し、また、GucciはThe Sandboxという仮想世界の土地を購入し、Web3にも進出しています。彼らは躊躇することなく、この新しい可能性の世界へ完全に足を踏み入れています。

CEOのMarco Bizzarri氏は、次のように述べています。「Gucciは、お客様によりよい体験を提供できるのであれば、常に新しい技術を取り入れたいと考えています。今、私たちは暗号通貨を決済システムに統合することができ、このオプションを自由に持ちたいと思うお客様にとって自然な進化です。

近い将来、このファッションレーベルをもっとたくさん目にすることになるでしょう。当面は、ヨーロッパへの展開の可能性については何も知られていないが、これらの技術を採用するスピードからすると、そう長くはないはずです。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。