ホームニュースインドの暗号税法明確化は「一歩後退」、Coin SwitchのCEOが語る

インドの暗号税法明確化は「一歩後退」、Coin SwitchのCEOが語る

インドの暗号課税法案は、今年4月1日に施行される予定です。

インド最大の暗号取引所CoinSwitch Kuberの共同創設者兼CEOであるAshish Singhal氏は、同国の暗号税法は 「後戻り」を示唆していると述べています。

Singhal氏は月曜日、2022年4月1日に施行される暗号税法に関する当局からの説明を受けて、失望を表明しました。

インドは2月に暗号通貨税法を発表し、デジタル資産の移転に30%の課税を行うことを明らかにしました。また、すべての暗号支払いに1%の控除が適用され、これは源泉徴収されることになっていました。

暗号コミュニティは高い税金を指摘する一方で、国の「暗号通貨に対する認識」を認めましたが、月曜日、ほとんどの暗号投資家は、財務省の明確化通知によってショックを受けました。

同省によると、インドは各暗号投資に個別に課税することを検討し、ある投資での利益を別の投資での損失の相殺に使用することはできないという事実を繰り返し述べています。また、暗号マイニングに関連するインフラコストは取得コストとしてカウントされないことも明記されました。

暗号投資家にとって「有害」

暗号ニュースプラットフォームCoin Crunch Indiaの創設者は、彼のツイートでコミュニティの不満を要約しました。

これはインドの暗号業界と、この新たな資産クラスに投資した何百万もの人々にとって有害です。」と、Coin SwitchのCEOは2022年の財務法案について述べています。

彼は、「仮想デジタル資産(VDA)を新たな資産クラスとして認識した」2月の予算案に関連して、インドは「一歩後退した。」と付け加えました。

彼は、暗号規制が「他の資産クラスと同等」であることを保証するために国が徐々に取り組んでいることを期待しています。」と述べました。

また、このような逆行する規定が株式市場に適用されることは、間違いなく個人投資家の意欲を減退させるとの見解を示しました。これは、急成長する暗号投資コミュニティで実現し得るシナリオだと彼は考えています。

損失を相殺する規定がないため、KYCに準拠した取引所やプラットフォームから地下のピアツーピアのグレーマーケットにユーザーが流出し、税の目的が達成されないことを懸念しています。」と彼は述べています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。