ホームニュースMaple Finance、エコシステムの成長を支援するため4500万ドルを投じてSolanaでローンチ

Maple Finance、エコシステムの成長を支援するため4500万ドルを投じてSolanaでローンチ

Maple Solanaは、2022年末までに資金プールを3億ドルに増やし、最大10億ドルの無担保ローンを提供する予定です。

機関投資家向けの分散型社債市場であるMaple Financeは、スマートコントラクトブロックチェーンに基づいて構築されたプロジェクトへの資金提供を可能にするために、Solanaへのアクセスを拡大しました。

イーサリアムでも利用できるマーケットプレイスは、最初のマルチチェーン資本プラットフォームです。また、Solanaエコシステムのプロジェクトに対する組織に焦点を当てた無担保融資の先駆者でもあります。

Solanaエコシステムのスケーリング

Maple Solanaによると、プロジェクトは無担保ローンのための4,500万ドルのプールから始まります。その後チームはこれを今後8か月で成長させ、年末までに3億ドルにすることを目指しています。

Maple Solanaの責任者であるQuinn Barry氏は、彼らの目標は、オンチェーンの資本市場インフラストラクチャを介してSolanaエコシステムの拡張を支援することであると述べました。

今後3ヶ月間で3億ドル以上の流動性がSolanaにもたらされる見込みです。また、流動性プロトコルがMapleのインフラをSolanaへの導入経路としてどのように利用しているかについても、近日中に別の信用専門家をプラットフォームに迎え、詳細を共有する予定です。」と彼は付け加えました。

Maple FinanceのCEO兼共同設立者であるSid Powell氏は、次のようにコメントしています。

初のマルチチェーン資本市場ソリューションの構築は、これまでも、そしてこれからも、質の高い貸し手と借り手を惹きつけ、Solana上に構築する革新者に前例のない成長機会を創出し、業界全体の繁栄を可能にします。

Maple Solanaは、10億ドル相当のローンを発行することを目標としています。これは、イーサリアムでもサービスを提供する暗号通貨ネットワークであると発表で述べています。イーサリアムベースのMPLトークンと同じ機能を提供するガバナンストークンであるSYRUPをリリースする計画もあります。

X-Marginは、最初のプールデリゲート

Solanaエコシステムにおけるテクノロジーによる資本市場の変革に向けたマイルストーンの一環として、Maple SolanaはデータドリブンレンダーX-Marginの法人を確保しました。

同社は最初のプール代表となり、その融資事業は3つの主要パートナーから巨額の預託を集めました。金融サービス・決済技術プロバイダーのサークルは1000万ドルを預け、デジタル資産運用会社のコインシェアズは2000万ドルを追加しました。

X-MarginもSolana出身者から1000万ドルを受け取っており、最初の4500万ドルのプールを作るために、USDCで最大500万ドルの預金を受け付けています。

暗号通貨の優良株への貸付

X-Marginチームは、プライバシーを保護するクレジットインフラストラクチャと引受の専門知識を、Mapleのオンチェーンクレジットファシリティとともに活用して、暗号空間で最大の借り手にクレジットを提供します。

X-MarginのCEOであるDarshan Vaidya氏は次のように述べています。

Mapleのマルチチェーンインフラは、暗号における機関信用インフラをリードし続けています。X-Marginのプライバシーを保護するクレジットプラットフォームはこれに自然にフィットし、DeFiとCeFiにおいてよりデータ主導で透明性の高いクレジット市場の規模拡大を支援します。

借り手は、Know Your Customer(KYC)とAnti Money Laundering(AML)を順守する必要があります。これは規制順守の一部であり、信頼できるプロジェクトへの融資を確実に進めるためです。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。