ホームニュースビットコインと暗号に28%の税金を課すポルトガルは自国の敵になる

ビットコインと暗号に28%の税金を課すポルトガルは自国の敵になる

Sanne Moonemans

ポルトガルの財務大臣は、暗号通貨愛好家は28%のキャピタルゲイン税を考慮に入れる必要があると発表しました。この新しい税が発効する日付はまだ宣言されていません。

パーティーはいつ終わりますか?

長い間、暗号コミュニティは、政府が暗号通貨に寛大であったため、ポルトガルを約束の地と見なしていました。そのため、多くの人が暗号を携えて南欧の暖かい場所に移動してきました。

ポルトガルのニュースメディアECOによると、Fernando Medina財務大臣はポルトガル議会の会合で、同国の暗号資産はまもなくキャピタルゲイン税の対象となることを発表しました。これは、António Mendonça Mendes税制担当国務長官によって確認されたものです。

キャピタルゲイン税とは何か?

キャピタルゲイン税は、暗号通貨を売却して得た利益に対する税金です。ビットコインを100ユーロで購入し、1100ユーロで売却するとします。そうすると、1000ユーロの利益が出ますが、この利益に対して28%の税金を支払わなければなりません。つまり、ポルトガル人が暗号を不換紙幣に交換するたびに、資金の4分の1以上を手放してしまうのです。

英国で暗号の利益を所得として報告する場合、暗号資産に対する税金は他の所得と同じ範囲、0パーセントから45パーセントまで、同じ個人基準である12,570ポンドに従います。

長い間、ポルトガルは暗号通貨を富や投資と見なさず、単にお金の一形態として見ていました。そのため2018年以降、暗号はキャピタルゲイン税を免除されてきました。どうやら国は暗号を資産と見なし、それに28%の利益税を課すことを可能にするように考えを変えたようです。

長い間約束の地のようだったポルトガル

暗号が効果的に課税されていなかったため、ポルトガルは世界で最も魅力的な暗号タックスヘイブンの1つとしての評判を得ていました。ポルトガルは気候がよく、美しい都市、おいしい食べ物、素晴らしいビーチがあり、通貨と政府が(ある程度)安定している国であることが救いです。

このため多くの暗号ビジネス、取引所、イベントがこの国に移ってきているのも事実です。ポルトガルの政治家は、28%のキャピタルゲイン税の導入を企業の抑止力と見なすべきではないと強調しています。

むしろポルトガルの政治家は、暗号を規制する意図は常にあり、他国がどのように規制を適応させているかを注意深く見てきたと主張しています。ポルトガルは、このような根拠に基づいて決定を下すことができたのです。

Medina氏は議会で、「この分野は、より多くの知識とより多くの進歩があるため、ポルトガルは国際的な経験から学ぶことができる。」と述べました。

さらなる課税が進行中?

ポルトガルは、ずっと前から他の暗号関連の税金を検討しているのかもしれません。António Mendonça Mendes税務担当国務長官は同セッションで、「暗号通貨はキャピタルゲインに関して、税金だけよりもはるかに複雑な現実である。」と述べました。さらに彼はポルトガルでの暗号はすぐに付加価値税、手数料、あるいは資産税の対象となる可能性があることを示唆しました。

我々は、新聞の一面に掲載されるための立法イニシアチブではなく、すべての次元で本当に国のために役立つ立法イニシアチブを提示できるように、この問題で最高の規制を評価しています。

私たちのキッチンはそれほど特別ではなく、天気は青より灰色の方が多く、生活費は高くないということですが、そうでなければ、できるだけ税金の少ない暗号の愛好家は皆オランダに来た方がいいかもしれません。

白黒はっきりとしていない

ポルトガルでこれが法制化されるまでには何年もかかる可能性があるため、新税が本当に企業にとってその抑止力になるかどうかはまだわかりません。この法律が施行された場合、これらの企業や暗号を持つ人々は、暗号に対する税制が優遇され、ビットコインがまもなく法定通貨になるポルトガルのマデイラ島に移動する可能性が高いです。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。